コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

各務鉱三 かがみ こうぞう

5件 の用語解説(各務鉱三の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

各務鉱三 かがみ-こうぞう

1896-1985 昭和時代のガラス工芸家。
明治29年3月7日生まれ。満鉄付属中央試験所にはいる。ドイツに留学し,クリスタルガラスを研究。第12回帝展に「カットグラス花瓶」が初入選。昭和9年各務クリスタル製作所を設立。一貫してクリスタルの透明なガラス美を追求した。35年芸術院賞。昭和60年12月3日死去。89歳。岐阜県出身。東京高工(現東京工業大)卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

百科事典マイペディアの解説

各務鉱三【かがみこうぞう】

ガラス工芸家。岐阜県生れ。東京高等工業学校選科卒業後,満鉄窯業試験所に勤務,その後ドイツに留学。1934年各務クリスタル製作所を設立,ガラス工芸の発展に尽力。クリスタルガラスを用いた端正な作品が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かがみこうぞう【各務鉱三】

1896‐1985(明治29‐昭和60)
ガラス工芸家。岐阜県土岐郡に生まれる。1915年東京高等工業学校を卒業後,満鉄中央試験所で窯業研究に従事,のちガラスの研究をはじめ,27年ドイツに留学。国立シュトゥットガルト工芸学校で,ウィルヘルムフォン・アイフに師事する。29年帰国し,東京滝野川にアトリエを開く。厚手のクリスタルガラスにグラビュールカットを施した食器や工芸作品を発表し,帝展などで受賞を重ねた。34年,各務クリスタル製作所を設立し後継者の育成につとめ,多くのガラス工芸家を世に送った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かがみこうぞう【各務鉱三】

1896~1985) ガラス工芸家。岐阜県生まれ。グラビールやカット技法を用いた食器・工芸品を制作。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

各務鉱三
かがみこうぞう
(1896―1985)

ガラス工芸作家。岐阜県生まれ。東京高等工芸学校を卒業して1920年(大正9)に入所した満鉄窯業試験所時代に早くもガラス工芸に手を染め、27年(昭和2)には同試験所よりドイツの国立シュトゥットガルト美術工芸学校に留学してクリスタルガラスを研究し、カット・グラベールなどの加飾技術を習得した。31年の帝展第12回展に「カットグラス花瓶」を出品して世間の注目を集め、以後一貫してクリスタルの透明なガラス美の醸成に努め、近代的なガラス工芸のジャンルを定着させる立役者となった。
 一方、各務クリスタル製作所を開設して後継者の育成にも尽力し、1960年(昭和35)に芸術院賞を受賞した。[矢部良明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

各務鉱三の関連キーワード秦慧玉十代三輪休雪藤井重門河上益夫佐藤藤佐(2)実藤恵秀長谷川林子古市義秀宮川実由木康

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone