コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

各務鉱三 かがみ こうぞう

5件 の用語解説(各務鉱三の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

各務鉱三 かがみ-こうぞう

1896-1985 昭和時代のガラス工芸家。
明治29年3月7日生まれ。満鉄付属中央試験所にはいる。ドイツに留学し,クリスタルガラスを研究。第12回帝展に「カットグラス花瓶」が初入選。昭和9年各務クリスタル製作所を設立。一貫してクリスタルの透明なガラス美を追求した。35年芸術院賞。昭和60年12月3日死去。89歳。岐阜県出身。東京高工(現東京工業大)卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

各務鉱三【かがみこうぞう】

ガラス工芸家。岐阜県生れ。東京高等工業学校選科卒業後,満鉄窯業試験所に勤務,その後ドイツに留学。1934年各務クリスタル製作所を設立,ガラス工芸の発展に尽力。クリスタルガラスを用いた端正な作品が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かがみこうぞう【各務鉱三】

1896‐1985(明治29‐昭和60)
ガラス工芸家。岐阜県土岐郡に生まれる。1915年東京高等工業学校を卒業後,満鉄中央試験所で窯業研究に従事,のちガラスの研究をはじめ,27年ドイツに留学。国立シュトゥットガルト工芸学校で,ウィルヘルムフォン・アイフに師事する。29年帰国し,東京滝野川にアトリエを開く。厚手のクリスタルガラスにグラビュールカットを施した食器や工芸作品を発表し,帝展などで受賞を重ねた。34年,各務クリスタル製作所を設立し後継者の育成につとめ,多くのガラス工芸家を世に送った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

各務鉱三
かがみこうぞう
(1896―1985)

ガラス工芸作家。岐阜県生まれ。東京高等工芸学校を卒業して1920年(大正9)に入所した満鉄窯業試験所時代に早くもガラス工芸に手を染め、27年(昭和2)には同試験所よりドイツの国立シュトゥットガルト美術工芸学校に留学してクリスタルガラスを研究し、カット・グラベールなどの加飾技術を習得した。31年の帝展第12回展に「カットグラス花瓶」を出品して世間の注目を集め、以後一貫してクリスタルの透明なガラス美の醸成に努め、近代的なガラス工芸のジャンルを定着させる立役者となった。
 一方、各務クリスタル製作所を開設して後継者の育成にも尽力し、1960年(昭和35)に芸術院賞を受賞した。[矢部良明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

各務鉱三の関連キーワード深刻小説朝鮮映画皮革工業指紋押捺制度世界女性会議川崎造船所スペイン映画グロムイコ角閃石黒雲母花崗岩有村明

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone