コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合科教授 ごうかきょうじゅGesamtunterricht

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

合科教授
ごうかきょうじゅ
Gesamtunterricht

ドイツで考案された教育方法。伝統的な教科主義の教授に対し,数教科を総合し,または学習内容を郷土生活や文化内容の主題などによって統合的に編成する。日本では 1920年に木下竹次が奈良女子高等師範学校付属小学校で試みて注目を浴びた。その後 41年の国民学校令で,国民科理数科,芸能科など合科教授的教育課程が編成されたが,一部からは,単に既成の科目をくくり合せたものにすぎないという批判もあった。 08年ライプチヒ市で実験的に試みられたのが最初といわれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ごうか‐きょうじゅ〔ガフクワケウジユ〕【合科教授】

教科別に行われる分科教授に対し、教科を統合して教授すること。各教科を相互に関連づけ、児童・生徒の全人的育成をめざす。主として低学年で実施。合科学習

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

合科教授
ごうかきょうじゅ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

合科教授の関連キーワードイェナ・プランカリキュラム総合教授

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android