コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉岡弥生 よしおか やよい

8件 の用語解説(吉岡弥生の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

吉岡弥生

医者・女子教育家。静岡県生。済生学舎卒。医術開業試験に合格、東京で開業する。わが国最初の女医養成機関・東京女子医学校を創設、校長となる(同校はのち東京女子医専に昇格)。女医教育・女性の教養と地位の向上に努めた。戦時中は東京婦人会委員長・大日本婦人会顧問等、戦後は東京女子医大学頭を務めた。昭和34年(1959)歿、88才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

よしおか‐やよい〔よしをかやよひ〕【吉岡弥生】

[1871~1959]医学者。静岡の生まれ。済生学舎を卒業、東京で開業。明治33年(1900)東京女医学校(現在の東京女子医科大学)を創立。女性医学者の育成、女性の社会的地位の向上に寄与した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

吉岡弥生【よしおかやよい】

女性医師,教育家。静岡の漢方医の娘に生まれ,19歳のとき医師を志して上京,本郷の済生学舎に入学。2年後医師免許を取得し,1895年に結婚,夫とともに東京至誠医院を開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉岡弥生 よしおか-やよい

1871-1959 明治-昭和時代の医師。
明治4年3月10日生まれ。済生学舎でまなび,明治25年医術開業試験に合格。30年至誠医院を開業,33年同医院内に東京女医学校(現東京女子医大)を創始した。東京連合婦人会長などをつとめ,女子医学教育,女性の地位向上につくす。昭和27年東京女子医大学頭となる。昭和34年5月22日死去。88歳。遠江(とおとうみ)(静岡県)出身。旧姓は鷲山。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

よしおかやよい【吉岡弥生】

1871‐1959(明治4‐昭和34)
日本の近代女子医学教育の確立者で,東京女子医科大学の創始者。静岡県生れ。済生学舎を卒業し,明治中期の女医の一人として開業したが,済生学舎がその後女子の入学を拒否したことから後進を教育することを決意し,1900年に東京女医学校を創始した。これは東京女子医学専門学校を経て東京女子医科大学に至り,自由主義圏では数少ない女子医大として発展した。また社会的な要職に多く就き,活発に発言して日本の女子の地位向上に尽くした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

よしおかやよい【吉岡弥生】

1871~1959) 医師・教育家。静岡県生まれ。済生学舎で男子学生に伍して医学を学ぶ。東京女子医科大学の前身、東京女医学校を創立。女医の養成と女性の地位向上につとめた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉岡弥生
よしおかやよい

[生]明治4(1871).3.10. 静岡
[没]1959.5.22. 東京
女医。東京女子医科大学の創立者。私立医学校の済生学舎を卒業し,1892年内務省の医術開業試験に合格。女性の地位向上のために女子の職業教育の必要性を痛感して,1900年東京女医学校 (現東京女子医科大学) を創立し,女医養成に努め,女子教育および社会教育の振興にも尽力した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉岡弥生
よしおかやよい
(1871―1959)

日本における近代女子医学教育の確立者。東京女子医科大学の創始者。静岡県生まれ。済生(さいせい)学舎を卒業し、日本の初期の女医の一人となり開業したが、自らの体験から後進を教育することを決意し、苦心のすえささやかながら東京女医学校を創始(1900)。これは東京女子医学専門学校を経て東京女子医科大学となり、世界的にも珍しい女性のための医大で、日本でも有数の私立医大に成長している。また社会的な要職にも多くつき、活発に発言して女子の地位向上に尽くした。啓蒙(けいもう)的な著述もある。第二次世界大戦後、公職追放を受けたがその後解除され、東京女子医大学頭となった。子息の博人(ひろと)(1902―1991)も同医大学長についた。[長門谷洋治]
『神崎清著『吉岡弥生伝』(1941・東京連合婦人会出版部/復刻版・1967・伝記刊行会) ▽高見君恵著『吉岡弥生』(1960・中央公論事業出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の吉岡弥生の言及

【東京女子医科大学】より

…東京都新宿区市谷河田町にある医科専門の私立女子大学。日本で27番目の女医吉岡弥生が,日本最初の女医養成機関として1900年に開設した東京女医学校がその前身。この学校はわずか生徒4人で発足し,08年に初めて1人の卒業生を女医としておくりだすが,女子職業教育に新生面をきりひらいた点で,女子教育史上特筆される。…

※「吉岡弥生」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

吉岡弥生の関連キーワード東京女子医科大学女子医大井出ひろ小川ミヤコ佐藤ヤイ福田昌子真船和夫三輪田繁子吉岡ふさ東京女子医学専門学校

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone