コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田奈良丸(2世)(読み)よしだならまる[にせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉田奈良丸(2世)
よしだならまる[にせい]

[生]1878. 奈良
[没]1967.1.20.
浪曲家。本名広橋宏吉。祭文 (さいもん) 語りの父について修業し,16歳で1世奈良丸に入門。 1902年2世襲名。美声と巧みな節調の義士伝物で,桃中軒雲右衛門と人気を二分した。レコード化された「奈良丸くずし」で一世を風靡し,17年渡米,国際的にも活躍。 29年名跡を弟子に譲り,以後は大和之丞を名のった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android