コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田簑助(3世) よしだみのすけ[さんせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉田簑助(3世)
よしだみのすけ[さんせい]

[生]1933.8.8. 大阪
人形浄瑠璃文楽の人形遣い。本名平尾勝義。父は桐竹紋太郎。1940年 3世吉田文五郎に入門。1942年桐竹紋二郎を名のり,翌 1943年の四ッ橋文楽座(→文楽座)が初舞台とされる。1948年から 2世桐竹紋十郎の門下となり,1949年文楽が二派に分裂すると師匠とともに三和会(みつわかい)に所属し,因会(ちなみかい)派の父紋太郎と行動を別にした。早くから女方としての将来を嘱望され,1961年に文五郎・紋十郎の前名である吉田簑助の 3世を襲名する。1963年の文楽協会設立後は,吉田玉男,2世桐竹勘十郎の相手役として存在を深め,特に『曾根崎心中』のお初は生涯のあたり役となった。2世桐竹紋十郎の死後は華麗な持ち味に情愛を加味し,女方の第一人者として君臨。1998年病に倒れるが,翌 1999年舞台に復帰。文楽だけでなく現代を代表する女方の一人である。3世桐竹勘十郎,5世豊松清十郎をはじめ多くの弟子を育成。1994年に重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された。1970年芸術選奨新人賞,1997年日本芸術院賞など受賞多数,2012年日本芸術院会員に就任。1996年紫綬褒章,2006年フランス芸術文化勲章最高位のコマンドールを授与され,2009年文化功労者に選出された。(→浄瑠璃人形浄瑠璃

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

吉田簑助(3世)の関連キーワード斎藤寅次郎五所平之助清水宏成瀬巳喜男稲垣浩小津安二郎大恐慌ルロイ伊藤大輔山中貞雄

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android