コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田玉男 よしだたまお

3件 の用語解説(吉田玉男の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉田玉男
よしだたまお

[生]1919.1.7. 大阪,大阪
[没]2006.9.24. 大阪
人形浄瑠璃文楽人形遣い。本名上田末一。夜学校に通いながら冷暖房会社の給仕を務めていたが,1933年吉田玉次郎に入門。吉田玉男と名のる。翌 1934年,大阪四ツ橋文楽座における『和田合戦女舞鶴』の綱若で初役を務めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田玉男(初代) よしだ-たまお

1919-2006 昭和-平成時代の人形浄瑠璃(じょうるり)の人形遣い。
大正8年1月7日生まれ。吉田玉次郎に入門,昭和9年初舞台。のち初代吉田栄三(えいざ)にまなび,師ゆずりの品格ある芸風と理詰めの演技でたかく評価される。「曾根崎心中」の徳兵衛役はとくに有名。52年人間国宝。平成12年文化功労者。平成18年9月24日死去。87歳。大阪府出身。本名は上田末一。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉田玉男
よしだたまお
(1919―2006)

文楽(ぶんらく)人形遣い。本名上田末一。大阪市生まれ。14歳で吉田玉次郎に入門、翌年『和田合戦女舞鶴(わだがっせんおんなまいづる)』の綱若役で四つ橋文楽座で初舞台。名人初世吉田栄三(えいざ)に私淑して足遣いの修業を積んだ。第二次世界大戦後の二派分裂時代は因(ちなみ)会に属し、二枚目役を得意として頭角を現し、とくに『曽根崎心中(そねざきしんじゅう)』の徳兵衛は、1955年(昭和30)の復活初演以来の持ち役として好評を博し、94年(平成6)8月には上演1000回の記録を達成した。3世吉田玉助(1895―1965)没後は荒物(あらもの)ももち、初世栄三風の内面的演技は定評があり、『一谷嫩軍記(いちのたにふたばぐんき)』の熊谷(くまがい)、『ひらかな盛衰記』の樋口、『菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)』の菅丞相(かんしょうじょう)などは栄三を超える域に達して、戦後人形遣いの最高峰となった。1977年重要無形文化財保持者に認定。78年紫綬褒章(しじゅほうしょう)、89年勲四等旭日小綬章(きょくじつしょうじゅしょう)、98年朝日賞を受賞。2000年文化功労者。[山田庄一]
『吉田玉男・山川静夫著『文楽の男・吉田玉男の世界』(2002・淡交社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉田玉男の関連キーワード吉田文雀秋山信子与勇輝市橋とし子佐久間実鶴沢友路野口園生林駒夫洞奥一郎四谷シモン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吉田玉男の関連情報