コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田草紙庵 よしだそうしあん

4件 の用語解説(吉田草紙庵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉田草紙庵
よしだそうしあん

[生]1875.8. 東京
[没]1946.12.5. 東京
小唄の作詞,作曲家。本名吉田金太郎。家業は左官職であったが,若くして清元菊之輔の名で三味線弾きとなり,29歳頃より作曲を志した。 30歳頃より小唄の作曲を始め,58歳頃の大正末期には舞台演奏用の小唄を目指して「芝居小唄」を創始,流行させた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田草紙庵 よしだ-そうしあん

1875-1946 大正-昭和時代の作曲家。
明治8年8月8日生まれ。長唄から清元の三味線方に転じて清元菊之輔を名のる。引退して茶道をおしえるかたわら,大正半ばから300曲ちかくの芝居小唄を作曲。歌舞伎を題材とするものがおおく,「草紙庵の歌舞伎小唄」とよばれた。昭和21年12月5日死去。72歳。東京出身。本名は金太郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

よしだそうしあん【吉田草紙庵】

1875‐1946(明治8‐昭和21)
小唄の作曲家。本名は吉田金太郎。幼少のころから長唄を学び,16歳ごろ清元に転じて菊之輔の名を受けたが,自信喪失におちいって芸界を退き,茶道教授に専念する。草紙庵の名は裏千家藤谷宗仁から与えられた雅号である。小唄の作曲は,当時の粋人の趣味であったが,友人の歌舞伎俳優市川三升(10世市川団十郎,小唄の作詩もした)の勧めでその仲間に入り,300曲近い小唄を作曲した。長唄と清元の下地があるため,作風は器楽部分に下座(げざ)音楽をとり入れ,唄は豊後節系の節回しが特徴であり,しかも,歌舞伎舞踊の舞台への出(で)を想定した〈前弾き〉(普通の小唄にはない)と,舞台からの入(いり)を想定した〈送り〉の付いている作品が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉田草紙庵
よしだそうしあん
(1875―1946)

小唄(こうた)作曲家。本名は金太郎、草紙庵は元来茶道の号であったが、もっぱら小唄作曲に用いた。初め長唄を習ったが、16歳から清元(きよもと)に転向。初世菊輔(きくすけ)に師事して菊之輔の名をもらう。小唄処女作は30歳ごろで、1916年(大正5)ごろ結成された「東京小唄会」では作曲を受け持ち、家業の左官職に戻ってからも作曲を続けた。とりわけ歌舞伎(かぶき)、新派の当り狂言の作曲は草紙庵の「歌舞伎小唄」として定評を獲得した。さらに旧来の座敷小唄をホールや劇場で演奏する「舞台小唄」にまで進展させ、取材分野の拡大によって新風を吹き込むなど、近代小唄界の隆昌(りゅうしょう)に多大の功績を残した。[林喜代弘]
『英十三・磯部東離監修『草紙庵の小唄解説集』(1963・江戸小唄社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の吉田草紙庵の言及

【小歌(小唄)】より

…従来の小歌,小唄と区別して〈江戸小唄〉と呼ぶようになったのはこのころである。この他,歌舞伎を題材とした芝居小唄をはじめ300曲近くを作曲した吉田草紙庵も一派を成した。昭和初年からは小唄に合わせて踊る〈小唄振り〉も行われ始めた。…

※「吉田草紙庵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

吉田草紙庵の関連キーワード平山芦江トメ山田抄太郎金時小六節金太郎焼春日とよステンハンマルルセル(ルーセル)増田金太

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吉田草紙庵の関連情報