コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉野谷[村] よしのだに

1件 の用語解説(吉野谷[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

よしのだに【吉野谷[村]】

石川県南部,石川郡の村。人口1501(1995)。西境を手取川が流れ,これに沿ってわずかな低地が開けるほかは,白山山系の急峻な山地が村域の大部分を占める。東は富山・岐阜両県に接する。古代から中世にかけて味知(智)(みち)郷と称され,白山登拝路の拠点であった。可耕地に乏しく,近世以来山稼ぎへの依存度が強かったが,近年ではシイタケナメコなどの増産も図られている。大正期に入って手取川の豊富な水資源を利用した発電所建設が進められ,1997年現在,村内に五つの発電所がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

吉野谷[村]の関連キーワード石川義石川県加賀九谷小松白石川能美石川県立大学角田かんこ踊

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone