コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉野谷 よしのだに

2件 の用語解説(吉野谷の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉野谷
よしのだに

石川県南部の白山市東端に位置し,両白山地の西斜面にある旧村域。1889年村制施行。2005年松任市,美川町,鶴来町,河内村,鳥越村,尾口村,白峰村と合体して白山市となった。東部は白山国立公園に,西端の手取峡谷獅子吼・手取県立自然公園に含まれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉野谷
よしのだに

石川県南部、石川郡にあった旧村名(吉野谷(むら))。2005年(平成17)松任(まっとう)市、石川郡美川(みかわ)町、鶴来(つるぎ)町、河内(かわち)村、鳥越(とりごえ)村、尾口(おぐち)村、白峰(しらみね)村と合併し、白山(はくさん)市となり、市の中央部を構成する。旧村域は白山の北西麓(ろく)、手取(てどり)川とその上流の尾添(おぞう)川流域にある深雪山村で、岐阜県に接する。国道157号と岐阜県に抜ける白山スーパー林道が通じる。中宮(ちゅうぐう)地区は古代、加賀からの白山登拝路の中間にあたり笥笠(けがさ)中宮社を祀(まつ)る。加賀藩の南境で木滑新(きなめりしん)に口留(くちどめ)番所が置かれた。米、ナメコを産し、近年工場も進出、水力発電所も多い。獅子吼(ししく)・手取(てどり)県立自然公園の手取峡谷、中宮温泉と野猿広場などがあり、岐阜県境一帯は白山国立公園域。[矢ヶ崎孝雄]
『『吉野谷村小百科事典』(1990・吉野谷村) ▽『吉野谷村史』全5巻(2000~ ・吉野谷村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吉野谷の関連情報