コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吹浦遺跡 ふくらいせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吹浦遺跡
ふくらいせき

山形県飽海郡遊佐町大字吹浦 (ふくら) ,牛渡川北岸台地上にある縄文時代前期末葉~中期初頭の集落跡。 1951~53年に致道博物館が4次の調査を行ない,台地上から住居跡,袋状土坑,石器製作跡,台地崖面から洞穴,ヤマトシジミ主体の小貝塚を発見。土器には長胴の深鉢形土器と球胴の鉢形土器があり,当遺跡を標識として吹浦式土器と呼ばれ,東北北部の円筒式文化圏と東北南部の大木式文化圏の接触型式とされていたが,その後の検討で大木式系を主体に一部円筒式の影響を受けた土器群と考えられている。石器は鏃 (やじり) ・槍・錘・擦切磨製石斧 (せきふ) ・砥石 (といし) 等のほか 玦 (けつ) 状耳飾りが見られ,縄文前期の特色が見られる。イシガメ・クジラ・イノシシ・シカ等の動物,オニグルミ・クリ等の植物も検出された。 83,84年にはバイパス工事に伴い山形県教育委員会が再調査し,縄文期の竪穴住居跡,土坑多数のほか,平安時代前期の竪穴住居跡,大型掘立柱建物跡が確認され,拠点集落の存在が推定される。遺跡近くには大物忌神社や神宮寺があるが,『三代実録』によれば,885 (仁和元) 年6月,出羽国飽海郡神宮寺西浜の地で石鏃が発見され,それに関連して大物忌神社に奉幣した記事が見える。吹浦遺跡との関係が注目され,9世紀の正史に天変地異として石鏃発見の記録があることは興味深い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふくらいせき【吹浦遺跡】

山形県飽海郡遊佐町吹浦字堂屋にある縄文時代前期末から中期初めにかけての遺跡。庄内平野の北端にあたる鳥海山麓にあり,吹浦川の河口に近い丘陵台地に立地する。遺跡にはヤマトシジミの貝殻からなる直径1mほどの小さな貝塚が6ヵ所ほど分布する。1919年,当時一本木貝塚とよばれた遺跡の一部について小規模な調査が行われたが,51‐54年に数回にわたって発掘調査が行われ,平面長方形で6本の柱穴をもち炉を伴う竪穴住居跡,洞穴,フラスコ状の竪穴,石器製作所などを検出した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吹浦遺跡
ふくらいせき

山形県飽海(あくみ)郡遊佐(ゆざ)町吹浦にある縄文前期末より中期初頭の遺跡。鳥海(ちょうかい)山の裾野(すその)が海岸に延びる台地上にあり、西に日本海が開けている。1919年(大正8)長谷部言人(はせべことんど)によって調査された一本木貝塚はこの遺跡に含まれる。数少ない日本海側の貝塚として注目され、51年(昭和26)より53年まで致道(ちどう)博物館によって、三次にわたり発掘調査が行われた。貯蔵穴として利用されたと思われる小横穴6個、長方形の竪穴(たてあな)住居跡、石器製作跡などが発見された。この遺跡から出土する土器は東北地方北部の円筒土器と南部の松島湾岸の大木(だいぎ)系土器が融合折衷した独特のもので、「吹浦式」とよばれ、北と南の文化上の接点として注目される。県指定史跡。[川崎利夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android