コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吾妻 徳穂 アヅマ トクホ

20世紀日本人名事典の解説

吾妻 徳穂
アヅマ トクホ

大正〜平成期の日本舞踊家 吾妻流宗家;日本芸術家会議名誉会長;全日本舞踊連合会名誉会長。



生年
明治42(1909)年2月15日

没年
平成10(1998)年4月23日

出生地
東京・銀座

本名
山田 喜久栄

学歴〔年〕
泰明小卒

主な受賞名〔年〕
芸術選奨文部大臣賞〔昭和31年〕,日本芸術院賞〔昭和42年〕,紫綬褒章〔昭和51年〕,勲四等宝冠章〔昭和57年〕,文化功労者〔平成3年〕,東京都名誉都民〔平成6年〕

経歴
父は名優・15代市村羽左衛門、母は藤間政弥。大正3年の5歳の時、「玉兎」で初舞台。昭和4年、後の4代目中村富十郎と結婚。5年新しい舞踊芸術を目ざして春藤会設立。以来毎年、作品を発表した。8年父・羽左衛門より吾妻流を受け、吾妻春枝の名で4代目家元になる。14年藤間万三哉と結婚。17年吾妻徳穂と改名。戦後の活躍はめざましく、夫・藤間万三哉とのコンビで「芦刈」「王朝」「静物語」など次々と新作を発表。また29年から2年間、“アヅマ・カブキ”を結成して欧米公演を行い、歌舞伎舞踊の海外紹介に大きな役割を果たした。その後も「菊」「赤猪子」など多くの名作を生み、女流舞踊家の第一人者として活躍。54年比叡山で得度。平成8年国立大劇場で米寿徳穂の会が開かれた。著書に「女でござる」「世界に踊る」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

吾妻 徳穂
アヅマ トクホ


職業
日本舞踊

肩書
吾妻流宗家,日本芸術家会議名誉会長,全日本舞踊連合会名誉会長 日本芸術院会員〔昭和61年〕

本名
山田 喜久栄

別名
前名=藤間 喜久栄,吾妻 春枝,女優名=藤間 春枝

生年月日
明治42年 2月15日

出生地
東京市 京橋区銀座(東京都 中央区)

学歴
泰明小〔大正9年〕卒

経歴
父は歌舞伎俳優の15代目市村羽左衛門、母は日本舞踊家の藤間政弥。母と2代目河原崎権十郎の間に異父姉、異父兄がおり、異父兄は河原崎薫を名乗ったが早世した。大正3年母、7代目坂東三津五郎、6代目尾上菊五郎に師事して舞踊修行を初め、同年「玉兎」で初舞台。11年藤間流の名取りとなり、藤間喜久栄の名を許された。14年帝劇第7期生として女優を志し、大倉喜八郎命名による藤間春枝の名で出演。15年心座の舞台「飢渇」に出演、演出にあたった今日出海に恋愛感情を持つが、坂東一鶴(4代目中村富十郎)と駆け落ちし、昭和4年入籍。5年新しい舞踊芸術を目ざして春藤会を設立し、本格的に舞踊家として出発。8年父を宗家とする吾妻流4代目家元を継承、藤間喜久栄の名を返上して吾妻春枝を名乗った。13年内弟子で、少女時代からの友人である女優・筑波雪子の弟、藤間万三哉と駆け落ち、14年4代目富十郎との離婚が成立し、15年正式に入籍した。吾妻流の2代目宗家であり、17年吾妻徳穂と改名。21年戦後初の舞台となる第1回吾妻夫婦会「お夏清十郎恋の帯」を開催。25年4代目富十郎との間に生まれた長男・吾妻徳隆(5代目中村富十郎)に吾妻流家元を譲り、宗家だけの立場となった。29年“アヅマカブキ”を創設して欧米公演を行い、歌舞伎舞踊の海外紹介に大きな役割を果たした。32年その功績により芸術選奨文部大臣賞を受賞。同年夫がガス漏れ事故により急逝。34年米国の永住権を取得、拠点を米国に移したが、36年自動車事故に遭い、踊りを断念する覚悟で帰国。40年第1回三趣の会を開催し、本格的な再出発を図る。49年三趣の会を徳穂の会に改名。53年孫の吾妻徳弥に吾妻流家元を譲った。女流舞踊家の第一人者として活躍し、42年日本芸術院賞を受賞。61年日本芸術院会員、平成3年文化功労者に選ばれた。夫とのコンビで「王朝」「静物語」「長崎の踏絵」「院の月」「雪女」などを生み出した他、代表作に「菊」「赤猪子」「藤戸の浦」などがある。自伝「踊って躍って八十年」がある。

所属団体
日本舞踊協会,全日本舞踊連合会

受賞
芸術選奨文部大臣賞〔昭和31年〕,日本芸術院賞〔昭和42年〕,文化功労者〔平成3年〕 紫綬褒章〔昭和51年〕,勲四等宝冠章〔昭和57年〕 舞踊ペンクラブ演技賞〔昭和41年・42年〕,芸術祭賞奨励賞〔昭和41年〕,芸術祭賞〔昭和43年〕,東京都文化賞(第1回)〔昭和60年〕,東京都名誉都民〔平成6年〕

没年月日
平成10年 4月23日 (1998年)

家族
夫=藤間 万三哉(日本舞踊家),長男=中村 富十郎(5代目),孫=吾妻 徳弥(吾妻流家元),父=市村 羽左衛門(15代目),母=藤間 政弥(日本舞踊家)

伝記
心に残る人々女三昧芸三昧―如是の華踊って躍って八十年―想い出の交遊記 白洲 正子 著吾妻 徳穂 著吾妻 徳穂 著(発行元 講談社婦人画報社読売新聞社 ’96’90’88発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

吾妻 徳穂 (あづま とくほ)

生年月日:1909年2月15日
大正時代-平成時代の日本舞踊家。吾妻流宗家
1998年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

吾妻 徳穂の関連キーワード坂東 三津五郎(7代目)尾上 菊之丞(1代目)尾上 菊之丞(初代)中村富十郎(5代)中村富十郎(5世)若山 富三郎勝 新太郎吾妻徳彌生年月日新舞踊

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android