コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呉下の阿蒙 ゴカノアモウ

3件 の用語解説(呉下の阿蒙の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ごか‐の‐あもう【呉下の××蒙】

《「阿」は親しみを表す語。呉の魯粛(ろしゅく)が呂蒙(りょもう)に会って談議し、呂蒙のことを武略に長じただけの人物と思っていたが、今は学問も上達し、呉にいた頃の阿蒙ではないと言ったという、「呉志」呂蒙伝注の故事から》昔のままで進歩のない人物。呉下の旧阿蒙。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ごかのあもう【呉下の阿蒙】

〔魯粛ろしゆくが呂蒙りよもうに会った時、その学識が以前より深まり豊かなのに驚いて、君は呉にいた頃の武略に長じているだけの阿蒙(「阿」は発語)ではない、と言ったという「三国志呉書呂蒙伝注」の故事から〕
学識や人物などが、昔のままで進歩のない者。呉下の旧阿蒙。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

呉下の阿蒙
ごかのあもう

以前のとおりまったく進歩のない者、また学問のない者をいう。中国、三国時代の呉王孫権(そんけん)の将軍魯粛(ろしゅく)が、同僚の呂蒙(りょもう)の学問がたいへんに進んだことを褒めて、「貴方(あなた)は武略に通じているだけかと思っていたが、すっかりいまは学問も上達し、もはや呉の都下にいたころの、無学で字の読めない呂蒙ではない」といった、と伝える『十八史略』「東漢・献帝」の故事による。「阿」は親しみを表す敬語。[田所義行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

呉下の阿蒙の関連キーワード阿嬌朝日子かい親しみ親しみ深いちゃんちゅうちゅうひゅう

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

呉下の阿蒙の関連情報