コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呉晗 ごがんWú Hán

世界大百科事典 第2版の解説

ごがん【呉晗 Wú Hán】

1909‐69
中国の歴史学者,政治家。西南聯合大学,清華大学の教授を歴任。人民共和国成立後は北京市副市長となり,全国人民代表大会代表,中国民主同盟副主席などの要職につくかたわら,中国史学会理事をも務めた。鄧拓,廖沫沙と共著の《三家村札記》は毛沢東路線を風刺するものといわれ,また歴史劇《海瑞罷官》に対しては,毛沢東の指示で姚文元が批判文を執筆し,それが文化大革命発動の引金となった。【山田 敬三】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


ごがん / ウーハン
(1909―1969)

中国近代の歴史家。浙江(せっこう/チョーチヤン)省義烏の人。若くして胡適(こてき/フーシー)に認められ、34年清華大学卒業。のち雲南大学、西南連合大学の教授となる。明(みん)代史を専攻する実証的学者であった。43年昆明で中国民主同盟に参加し、国民党の独裁政治に反対。新中国成立(1949)後、清華大学文学院長、北京(ペキン)市副市長を務め、とくに歴史教育に力を注いだ。65年歴史劇『海瑞(かいずい)官を罷(や)める』が姚文元(ようぶんげん/ヤオウェンユアン)に、毛沢東(もうたくとう/マオツォートン)の彭徳懐(ほうとくかい/ポントーホワイ)解任を風刺したものと批判され(文化大革命の口火)、続いて(とうたく/トントゥオ)らとの共著『三家村札記』が反党反社会主義的であると批判され失脚。69年死去。四人組失脚(1976)後、名誉回復。著書には『朱元璋(しゅげんしょう)伝』『胡応麟(こおうりん)年譜』などがある。[阿川修三]
『呉著、小林文男・佐久間重男訳『中国の人間観』(1965・勁草書房) ▽小林文男著『栄光、そして挫折――悲劇の歴史家呉のこと』(『中国現代史の周辺』所収・1976・アジア経済研究所)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の呉晗の言及

【海瑞】より

…応天巡撫のとき,郷紳の不当な土地取上げに反対して罷免されたが,民衆の側に立っての名裁判は,その後,好んで芝居のテーマに取り上げられた。解放後,歴史学者呉晗(ごがん)の書いた《海瑞罷官(海瑞の免官)》が,海瑞にかりて毛沢東の政策を誹謗するものとして激しい批判を浴び,文化大革命への導火線となったことは有名である。【小野 和子】。…

※「呉晗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

呉晗の関連キーワード9月24日

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android