コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和漢聯句 ワカンレンク

3件 の用語解説(和漢聯句の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

わかん‐れんく【和漢×聯句】

連歌・聯句の形式の一。発句(ほっく)を和語の句で始め、以下五言の漢詩句と交互に詠み進めるもの。五山文学において盛行。→漢和(かんな)聯句

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

和漢聯句【わかんれんく】

連句文芸の様式の一種。聯句連歌ともいう。連歌の長句・短句と,漢聯句の五言漢句とを織り混ぜて作られる連歌。狭義にはその第1句が和句で第2句が漢句の場合をいう。逆の場合は〈漢和(かんな)聯句〉。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

和漢聯句
わかんれんく

中国の聯句と日本の連歌が結合してできた文芸形態。発句が和句に始まるものを和漢聯句、漢句に始まるものを漢和聯句と区別していうこともあり、連歌が俳諧(はいかい)に変わった和漢俳諧をも含めていう。聯句は平安末期から鎌倉中期にかけて盛んに行われ、連歌と結び付いて和漢聯句が生じた。『菟玖波(つくば)集』にその作品がみられ、南北朝・室町時代に五山の詩僧と公家(くげ)、連歌師の一座しての興行が盛んになる。一条兼良(かねら)の『和漢篇(へん)』、一条冬良の『漢和新式』などの式目もつくられ、俳諧の式目のよりどころとなる。[島津忠夫]
『『聯句と連歌』(『能勢朝次著作集7』所収・1982・思文閣出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和漢聯句の関連キーワード岡崎義恵歌仙鎖連歌連句俳諧の連歌問答歌連歌と盗人は夜がよい連俳漢和聯句世吉連歌

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone