コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和美峠 わみとうげ

3件 の用語解説(和美峠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

和美峠
わみとうげ

群馬県南西部,下仁田町と長野県軽井沢町の境にある峠。標高 984m。江戸時代中山道の碓氷関所では,通行の婦女子をきびしく取締ったので女街道ともいわれたこの峠越えが,中山道の脇往還として利用された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

わみとうげ【和美峠】

群馬県南西部,甘楽(かんら)郡下仁田町と長野県北佐久郡軽井沢町の境にある峠。標高984m。長野新幹線およびしなの鉄道(旧信越本線)軽井沢駅の南方約6kmの位置にある。近世,中山道の碓氷(うすい)関は〈入鉄砲出女〉の制限が厳しく,女人は富岡,下仁田を経て信州の沓掛宿に出たが,この女街道(姫街道)が和美峠を越えており,中山道の脇往還として利用された。明治以後利用者が少なくなったが,近年軽井沢からの道路が整備され,また妙義荒船林道もできたため,峠を越えた下仁田町側に別荘地やキャンプ場が開設され,開発が進んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

和美峠
わみとうげ

群馬と長野の県境にある峠。標高984メートル。江戸時代、中山道(なかせんどう)南側の女(姫)街道といわれた脇(わき)往還の峠で、中山道の碓氷(うすい)関所が「入鉄炮(いりでっぽう)に出女(でおんな)」といって通行を厳しく警戒したので、女の通行人は碓氷関所、碓氷峠を避けて、藤岡、富岡、下仁田(しもにた)からこの峠を越えて信州の沓掛(くつかけ)(現、軽井沢町中軽井沢)の宿に至った。峠の南東にある初鳥屋(はつとりや)、本宿(もとじゅく)(以上、現、群馬県下仁田町)などは当時の宿場である。[村木定雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和美峠の関連キーワード群馬県甘楽郡下仁田町上小坂群馬県甘楽郡下仁田町川井群馬県甘楽郡群馬県甘楽郡下仁田町下小坂群馬県甘楽郡下仁田町下仁田群馬県甘楽郡下仁田町群馬県甘楽郡下仁田町西野牧群馬県甘楽郡下仁田町平原群馬県甘楽郡下仁田町馬山群馬県甘楽郡下仁田町本宿

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone