コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

品川台場 シナガワダイバ

3件 の用語解説(品川台場の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しながわ‐だいば〔しながは‐〕【品川台場】

江戸末期、幕府が江戸湾防備のため品川沖に設けた砲台。ペリー来航を契機に江川太郎左衛門が献策したもので、5基が完成した。御台場(おだいば)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しながわだいば【品川台場】

東京湾の品川沖にあった砲台。1853年の米艦の浦賀来航により、江戸幕府が江川太郎左衛門の献策で江戸防衛のため築く。一一基を予定したが、翌年神奈川条約が締結され、五基完成したところで中止。現在二基が残り、水上公園となっている。御台場。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

国指定史跡ガイドの解説

しながわだいば【品川台場】


東京都港区台場にある台場跡。江戸幕府が黒船来襲に備えて品川沖に築いた砲台跡で、「お台場」の名で知られている。設計者は伊豆韮山(にらやま)の代官、江川太郎左衛門で、ペリーが浦賀に来航した1853年(嘉永6)に着工、1年4ヵ月の間に5基が完成。台場は要塞の一種で、海岸や河岸に築かれるものが多かったが、幕末から明治にかけて起こった戊辰(ぼしん)戦争や箱館戦争西南戦争においては、海岸線にかぎらず、峠・高台・交通の要衝に築かれることがあった。品川台場は現在、1926年(大正15)に国の史跡に指定された第三、第六台場だけが残されている。このうち第三台場は台場公園として開放され、周囲には海面から5~7mの石垣積みの土手が築かれて黒松が植えられ、内側の平坦なくぼ地には陣屋、弾薬庫跡などがある。東京臨海新交通臨海線お台場海浜公園駅から徒歩すぐ。

出典|講談社
国指定史跡ガイドについて | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

品川台場の関連情報