コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喉頭運動まひ(反回神経まひ) こうとううんどうまひはんかいしんけいまひ Motor Paralysis of the Larynx

1件 の用語解説(喉頭運動まひ(反回神経まひ)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

こうとううんどうまひはんかいしんけいまひ【喉頭運動まひ(反回神経まひ) Motor Paralysis of the Larynx】

[どんな病気か]
 声帯(せいたい)が動かなくなって、発声の際に声帯が完全に閉鎖しないために、音声障害嚥下障害(えんげしょうがい)(飲食物を飲み込みにくい)がおこる病気です。
 声帯の運動を支配するのは、迷走神経(めいそうしんけい)の枝の反回神経です。なんらかの原因でこれらの神経が障害されておこりますが、なかでも、原因として反回神経の障害が多いので、反回神経まひと呼ばれることもあります。
[症状]
 片側のまひでは、声門(せいもん)が完全に閉鎖しないために息がもれる嗄声(させい)(しわがれ声)がおこります(気息性嗄声(きそくせいさせい))。声帯の位置が外側に固定されるほど嗄声が高度になり、食事を飲み込んだ際に、一部が気管に流入してむせることもあります(誤嚥(ごえん))。
 両側のまひの場合は、吸気時に声門が大きく開かないので、音声障害よりも呼吸困難が主症状になります。
 喉頭内視鏡検査で、声帯の運動を観察すれば、容易に診断がつきます。
[原因]
 迷走神経は、延髄(えんずい)の後外側から舌咽神経(ぜついんしんけい)や副神経とともに、頭蓋底(ずがいてい)の頸静脈孔(けいじょうみゃくこう)を出て下行し、そこで反回神経が左右に分かれます。
 左側の反回神経のほうが長いので、障害を受けやすく、喉頭神経まひは、左側の反回神経の障害が多いといえます。
 左側の神経障害は、胸部大動脈瘤(きょうぶだいどうみゃくりゅう)や左主気管支原発の肺がん縦隔腫瘍(じゅうかくしゅよう)などが原因となります。
 食道がん甲状腺(こうじょうせん)がんは、左右の反回神経の障害の原因になることがあります。また、これらの手術での損傷の結果としておこることもあります。両側の喉頭運動まひは、甲状腺がんの手術後に生じることが多いといえます。
 そのほかに、ウイルス感染による神経炎が原因になることがあります。
 原因が特定できないものは、特発性喉頭運動(とくはつせいこうとううんどう)まひといいます。
 迷走神経走行領域の障害は非常にまれですが、頸静脈孔付近の腫瘍や骨折、炎症が原因でおこることがあり、この場合、舌咽神経や副神経、舌下神経(ぜっかしんけい)などの障害を併発し、混合性喉頭(こんごうせいこうとう)まひと呼ばれる状態になることもあります。
[検査と診断]
 片側のまひでは、神経の走行領域を検索する必要があるため、胸部や頸部(けいぶ)の単純X線検査、胸部や頸部のCT、胸部MRI、頸部超音波検査などが行なわれます。
[治療]
 神経を圧迫する病気があれば、その治療が行なわれます。
 その後、発症後6か月経過しても回復がみられなければ、喉頭運動まひの治療が行なわれます。
 この治療には、まひしている側の声帯内に液状シリコンを注入し、ふくらます方法と、外切開で声帯の枠組みを構成する軟骨(なんこつ)(甲状軟骨(こうじょうなんこつ))に声帯の位置で穴をあけ、そこに固形のシリコンブロックを押し込み、まひしている側の声帯を内転させる甲状軟骨形成術とがあります。しかし、液状シリコンも固形のシリコンブロックも入手がむずかしく、かぎられた医療機関でしか行なえないのが現状です。
 両側まひの場合は、呼吸状態を改善するために、必要があれば気管切開が行なわれます。そして、6か月以降に喉頭運動まひの治療が行なわれますが、呼吸を改善させるために外切開で片側の声帯を外転させるか、喉頭顕微鏡レーザー手術で片側の声帯の一部や声門後部を大きく開放させます。ただしこの方法では、呼吸は改善するものの、音声は逆に悪化します。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

喉頭運動まひ(反回神経まひ)の関連キーワード声帯声帯模写何心地何なり不死身プリマドンナ病は気からマドンニーナ聖堂大気成岩適正タイプ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone