コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

営城子壁画墓 えいじょうしへきがぼ

2件 の用語解説(営城子壁画墓の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

営城子壁画墓【えいじょうしへきがぼ】

中国,遼寧省の南部,旅順北方の営城子にある後代の【せん】室墓。1910年,1912年に中国東北南部を調査した浜田耕作により発掘され,明器,瓦器,漆器等が出土。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

えいじょうしへきがぼ【営城子壁画墓 Yíng chéng zǐ bì huà mù】

中国遼寧省大連市営城子会牧城駅屯の後漢墳墓の一つ(2号墓)。1931年に調査され,壁画をもつことで著名である。封土は南北約36m,東西約27m,高さ約4.5mが残存し,墓室は小塼で穹窿(きゆうりゆう)状に築かれ,前室,主室と四周の回廊,東と北の側室から成る。壁画は塼壁上に白漆喰を厚く塗り,十分乾かぬうちに筆をおろした〈フレスコ〉手法で描かれ,描線は大部分が墨で要所に朱と黄土を混じえる素描風のものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

営城子壁画墓の関連キーワード東陵遼寧省旅順鞍山営城子興京鉄嶺二百三高地沙河韓陽

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone