コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

許可営業 キョカエイギョウ

世界大百科事典 第2版の解説

きょかえいぎょう【許可営業】

一定種類の営業につき,行政庁の許可を受けた者でなければその営業を行ってはならないというしくみが法令で定められている場合に,これを〈営業許可制〉と呼び,その場合の許可を〈営業許可〉(または〈営業免許〉)と呼ぶ。営業許可制の対象とされる種類の営業を,〈許可営業〉という。 日本を含めて,営業の自由を原則的に保障するという建前をとる国々においても,実際には,さまざまな種類の営業について営業許可制がとられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きょかえいぎょう【許可営業】

行政庁の許可によって適法になしうる営業。質屋・古物商・風俗営業・旅館業など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

許可営業
きょかえいぎょう

営業するために行政庁の許可を要する業種をいう。営業の自由は憲法第22条で保障されているが、公共の福祉に反してはならないという制約がある。営業が公共の福祉に反しないよう行政的にチェックし監督する方法としては、事前に届出をさせ、違法行為があれば事後的に禁止命令を出す方法と、あらかじめ違法がないか審査して、基準に合格したものにのみ営業を許す方法とに大別される。後者の方法の対象となっているのが許可営業である。飲食店、旅館、質屋、風俗営業、古物商、酒屋、バス・タクシーの営業など、その例である。[阿部泰隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

許可営業の関連キーワード職業選択の自由風俗営業法違反行政刑罰クラブ認可

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

許可営業の関連情報