コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿里山 アリサン

百科事典マイペディアの解説

阿里山【ありさん】

台湾,嘉義県の玉山西方の山群で,高さ1800〜2400mの高原をつくる。国家風景区。最高峰は大塔山2663m。2000m以上の地帯はヒノキ,ベニヒ,タイワンスギ,ツガなどの密林におおわれ,日本統治時代から有名な良材の産地。
→関連項目嘉義台湾山脈

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ありさん【阿里山 Ā lǐ shān】

中国,台湾省の中部山地にある観光地,林業地域。台湾最高の玉山の前衛にあたる18の連山の総称で,標高1800~2400m。ベニヒ,タイワンヒノキ,ツガなどの原生林におおわれ,その伐採,輸送のため嘉義市との間に全長72kmの森林鉄道が通じている。夏でも気温は15℃以下で,観光を兼ねた避暑地として知られている。樹齢3000年を超えるヒノキの神木がある。【西村 睦男】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ありさん【阿里山】

台湾中部、玉山(新高山)西方の山群。付近は森林地帯で良質のヒノキを産出する。最高峰は海抜2274メートル。アーリー-シャン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阿里山
ありさん / アーリーシャン

台湾の中部にある山。玉山(ぎょくさん/ユイシャン)山脈の西側の支脈で、北東より南西に向けて18の連峰からなる阿里山山脈の主峰である。標高2481メートル。嘉義(かぎ/チヤイー)の東40キロメートルに位置し、嘉義から阿里山駅まで鉄道が通じる。近年バスも開通した。1904年日本人による森林開発が始められ、以来紅檜(べにひ)、扁柏(へんはく)、スギの良材を産出し、台湾の主要森林区の一つとなっている。昔から風光明媚(めいび)で知られた観光地であり、温度差による垂直分布の多様な森林植物の景観、樹齢3000余年の神木、日の出の雲海など、台湾八景の一つとして有名である。[劉 進 慶]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

阿里山の関連キーワード河合 鈰太郎河合鈰太郎玉山(山)チヤイー田坂具隆吉野神宮阿里山脈アーリー濁水渓呉鳳廟シャン新高山西方

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

阿里山の関連情報