(読み)シュウ

デジタル大辞泉の解説

しゅう〔シウ〕【囚】

とらわれること。また、その者。捕虜。とりこ。
獄舎にとらわれた囚人罪人。めしゅうど。

しゅう【囚】[漢字項目]

常用漢字] [音]シュウ(シウ)(漢) [訓]とらえる とらわれる
罪人をつかまえて獄に入れる。「囚人幽囚
囚人。捕虜。「女囚俘囚(ふしゅう)虜囚死刑囚
[難読]囚獄(ひとや)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅう シウ【囚】

〘名〙
① とらわれること。また、とらえること。〔史記‐殷本紀〕
② 牢屋にとらわれた人。囚人。めしゅうど。
※続日本紀‐天平三年(731)一一月辛酉「聞囚等悲吟叫呼之声」 〔書経‐多方〕

とらわ・る とらはる【囚】

〘自ラ下二〙 ⇒とらわれる(囚)

とらわれ とらはれ【囚】

〘名〙 (動詞「とらわれる(囚)」の連用形の名詞化) とらえられること。とらえられて、捕虜・囚人となること。また、その人。〔韻字集(1104‐10)〕
太平記(14C後)三九「楚の囚(トラハレ)を許されさせ給て」

とらわ・れる とらはれる【囚】

〘自ラ下一〙 とらは・る 〘自ラ下二〙
① とらえられる。つかまえられる。つかまる。
※書紀(720)垂仁五年一〇月(熱田本訓)「何ぞ面(みつから)(トラハルル)ことを得んと云ふ」
② 因襲や既成概念などから脱し得なくなる。
※囚はれたる文芸(1906)〈島村抱月〉一〇「文芸は科学、否、自然主義に囚はれたるなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

囚の関連情報