四至(読み)しいし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四至
しいし

「しし」の慣用読みで古代,中世の屋敷地,田地所領などの範囲を示す四方の境界をいう。「四至,東は畔にいたる,西公田にいたる,南古川にいたる,北溝にいたる」のように用いられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しいし【四至】

〔「しし(四至)」の慣用読み〕
古代・中世において、荘園や寺域などの東西南北の境界。

しし【四至】

〔「しじ」とも〕
しいし(四至)」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しい‐し【四至】

〘名〙 「しし(四至)」の慣用読み。

し‐し【四至】

〘名〙 (「しじ」とも) 所有地、耕作地、寺域などの東西南北の四方の境界。四極。境内。しいし。
※皇太神宮儀式帳(804)「御坐地、度会郡宇治里伊鈴河上之大山中、四至」
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「落機(ロッキー)以西の大漠野は、四至皆山にて、水の大洋に注入する処なし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の四至の言及

【境】より

… 中世成立期,とくに11,12世紀以降,山野河海における活発な開発が進行した。そうした開発に裏づけられて荘・郷・保などの中世的領域支配が成立してくるが,そうした領域の東西南北の境を示す〈四至(しいし)〉に記されている広義の地名によって,中世的な境を知ることができる。整理すると,(1)国境,郡境,荘境,(2)条里坪付,畦畔,(3)道,大路,橋,(4)固有名詞の山,谷,河,海等,(5)普通名詞=地形名としての山,岡,谷,河,海,葦原等,(6)寺社,墓などであり,それらが中世的な境界とされたのである。…

※「四至」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

四至の関連情報