コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四至 しいし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四至
しいし

「しし」の慣用読みで古代,中世の屋敷地,田地所領などの範囲を示す四方の境界をいう。「四至,東は畔にいたる,西公田にいたる,南古川にいたる,北溝にいたる」のように用いられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しい‐し【四至】

《「しし(四至)」の慣用読み》耕作地・所有地・寺域などの四方の境界。四辺。四境。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しいし【四至】

〔「しし(四至)」の慣用読み〕
古代・中世において、荘園や寺域などの東西南北の境界。

しし【四至】

〔「しじ」とも〕
しいし(四至) 」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の四至の言及

【境】より

… 中世成立期,とくに11,12世紀以降,山野河海における活発な開発が進行した。そうした開発に裏づけられて荘・郷・保などの中世的領域支配が成立してくるが,そうした領域の東西南北の境を示す〈四至(しいし)〉に記されている広義の地名によって,中世的な境を知ることができる。整理すると,(1)国境,郡境,荘境,(2)条里坪付,畦畔,(3)道,大路,橋,(4)固有名詞の山,谷,河,海等,(5)普通名詞=地形名としての山,岡,谷,河,海,葦原等,(6)寺社,墓などであり,それらが中世的な境界とされたのである。…

※「四至」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

四至の関連キーワード検断(撿断)鞆淵八幡神社信濃国分寺跡下野薬師寺跡大安寺旧境内【ぼう】示神宮雑例集四至・六至那須郡衙跡銭高 善造立券荘号魚鱗図冊銭高善造四至牓示東西南北蘇原御厨大庭御厨官省符荘大井荘世能荘

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

四至の関連情報