(読み)コン

  • こう・じる
  • こま・る
  • 漢字項目

精選版 日本国語大辞典の解説

〘自ザ上一〙 (サ変動詞「こうずる(困)」の上一段化したもの) =こうずる(困)
〘自ラ五(四)〙
① どうしてよいかわからなくて苦しむ。処置判断のしようがなくて悩む。もてあます。
※俳諧・俳諧勧進牒(1691)上「寒さにはこまりながらも芳野哉〈観活坊〉」
② 物がなくて苦しむ。欠して難儀する。逼迫(ひっぱく)する。窮する。
※滑稽本・浮世床(1813‐23)初「行所のない時居るつもりト寐所にこまる時泊るあてに」
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉二「日々の小づかひにもこまらないし」
③ 被害を受ける。迷惑する。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)二「兎角おとっさま殿があまやかし過てこまります」
④ (「こまった」の形で連体修飾語として用いて) 手に負えない状態になる。扱いに苦しむ。
※真理の春(1930)〈細田民樹〉島の噴煙「困(コマ)った青年が今朝こちらへ、東京を発(た)ったらしいんですわ」
〘名〙 易の六十四卦の一つ。。上卦は兌(だ)(=沢)、下卦は坎(かん)(=水)。沢水困ともいう。沢の水がことごとく下に漏れているかたち、進退に窮するさまを示す。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

困の関連情報