困難(読み)こんなん

精選版 日本国語大辞典「困難」の解説

こん‐なん【困難】

〘名〙 (形動) 苦しみ悩むこと。こまること。また、物事をするのが非常にむずかしいさま。難儀。苦しみ。
※財政経済史料‐三・経済・外国通商・埠港開設・文久元年(1861)一〇月日「困難及び薪水食料等相求候為め繋泊致し候儀は格別」
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉緒言「其議論の極て困難なるも謂れなきに非ざるなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「困難」の解説

こん‐なん【困難】

[名・形動](スル)
物事をするのが非常にむずかしいこと。また、そのさま。難儀。「困難に立ち向かう」「予期しない困難な問題にぶつかる」
苦しみ悩むこと。苦労すること。
「道の上はぬかるみで―した」〈滝井無限抱擁
[類語]難しい至難難いしち難しい小難しい難解険しい無理不可能・実現不能・駄目だめ出来ない相談

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android