コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国旗国歌法 コッキコッカホウ

デジタル大辞泉の解説

こっきこっか‐ほう〔コクキコクカハフ〕【国旗国歌法】

《「国旗及び国歌に関する法律」の通称》日章旗を国旗、君が代を国歌と定めた法律。平成11年(1999)8月施行。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

国旗国歌法【こっきこっかほう】

日の丸を国旗,君が代を国歌として法制化した法律で,小渕恵三内閣のもとで1999年8月13日に公布・施行された。正式名称は国旗及び国歌に関する法律。〈国旗は,日章旗とする〉〈国歌は,君が代とする〉の2条からなる。
→関連項目日本

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

国旗国歌法の関連キーワード実教出版を巡る教科書採択問題阿部 正路小渕 恵三取材

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国旗国歌法の関連情報