コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日章旗 にっしょうき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日章旗
にっしょうき

日本の国旗である日の丸の旗。嘉永6 (1853) 年の M.ペリー来航後,対外関係のうえから国旗の制定が不可避となり,薩摩藩主島津斉彬の考案に基づいて日の丸が採用された。明治3 (1870) 年1月明治新政府は郵船及商船規則 (太政官布告 57号) で商船の掲げるべき国旗として,さらに同年 10月の太政官布告 651号では軍艦用の国旗として日章旗の規格などについて定めた。しかし,これは章旗を国旗と定める明文の法規定を伴ったものではなく,既成事実としてその後も使用されてきたものであった。そのため 1999年8月に「国旗・国歌法」を制定し,正式に日章旗を国旗と規定した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

にっしょう‐き〔ニツシヤウ‐〕【日章旗】

日本国の国旗である日の丸の旗。縦横比が2対3の白地長方形の中央に、縦幅の5分の3の直径をもつ紅色日章を配する。明治3年(1870)の太政官布告で日本の商船が掲げるべき旗と定められ、のち実質上国旗として用いられた。平成11年(1999)施行の「国旗国歌法」で国旗と定められ、意匠も決められた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

日章旗【にっしょうき】

日の丸

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

にっしょうき【日章旗】

日本の国旗である日の丸の旗。白地に赤く日の丸を染め抜いたもの。1999年(平成11)の「国旗及び国歌に関する法律」により国旗と定められた。日の丸の旗。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日章旗
にっしょうき

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

日章旗の関連キーワード東シナ海ガス田開発問題外国国章損壊等罪東京オリンピック日本(にほん)ソン・キジョン佐々木 指月朝鮮独立運動学習指導要領尖閣諸島問題朝日の御旗東亜日報日本国孫基禎翩翻国歌

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日章旗の関連情報