コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国立文化財研究所 コクリツブンカザイケンキュウジョ

デジタル大辞泉の解説

こくりつ‐ぶんかざいけんきゅうじょ〔‐ブンクワザイケンキウジヨ〕【国立文化財研究所】

文化財の調査・研究などを行った文化庁の付属機関の一。昭和27年(1952)発足。平成13年(2001)独立行政法人文化財研究所移行。平成19年(2007)に国立博物館と統合し、国立文化財機構となる。→東京国立文化財研究所奈良国立文化財研究所

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

国立文化財研究所【こくりつぶんかざいけんきゅうじょ】

文化財に関する調査研究,資料作成を行う機関。東京国立文化財研究所は1930年開設,1952年現在の呼称となる。美術部,芸能部,保存科学部,修復技術部,情報資料部のほか黒田(清輝)記念室がある。
→関連項目文化庁

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

こくりつぶんかざいけんきゅうじょ【国立文化財研究所】

有形・無形の文化財の調査・研究・発表などのため1952年(昭和27)に設けられた文化庁の付属機関。2001年(平成13)独立行政法人文化財研究所に移行。東京上野公園内と奈良市にある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

国立文化財研究所の関連キーワード奈良文化財研究所東京文化財研究所平田寛(2)隈元謙次郎関東往還記中村伝三郎江本 義理横道万里雄中川 千咲藤田 亮策田中 一松伊東 卓治中川千咲宮 次男江本義理伊東卓治坪井清足毛利 登河北倫明藤田亮策

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国立文化財研究所の関連情報