国立文化財研究所(読み)こくりつぶんかざいけんきゅうじょ

百科事典マイペディア「国立文化財研究所」の解説

国立文化財研究所【こくりつぶんかざいけんきゅうじょ】

文化財に関する調査研究,資料作成を行う機関。東京国立文化財研究所は1930年開設,1952年現在の呼称となる。美術部,芸能部,保存科学部,修復技術部,情報資料部のほか黒田(清輝)記念室がある。奈良国立文化財研究所は1952年開設。建造物研究室と歴史研究室に分かれ,平城宮址と飛鳥(あすか)藤原京の発掘調査部があり,飛鳥資料館等を付置。東京と奈良の二つの研究機関は2001年4月に統合し,独立行政法人文化財研究所(2007年4月より独立行政法人国立文化財機構)に移行,それぞれの名称は東京文化財研究所奈良文化財研究所となった。
→関連項目文化庁

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「国立文化財研究所」の解説

こくりつ‐ぶんかざいけんきゅうじょ ‥ブンクヮザイケンキウジョ【国立文化財研究所】

〘名〙 東京都台東区上野公園にある東京国立文化財研究所、および奈良市にある奈良国立文化財研究所の通称。ともに文化庁(以前は文化財保護委員会)の付属機関で、有形無形の文化財の調査、研究ならびにその結果の公表などを行なう。昭和二七年(一九五二設立。平成一三年(二〇〇一)独立行政法人文化財研究所に移行。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「国立文化財研究所」の解説

こくりつ‐ぶんかざいけんきゅうじょ〔‐ブンクワザイケンキウジヨ〕【国立文化財研究所】

文化財の調査・研究などを行った文化庁の付属機関の一。昭和27年(1952)発足。平成13年(2001)独立行政法人文化財研究所に移行。平成19年(2007)に国立博物館と統合し、国立文化財機構となる。→東京国立文化財研究所奈良国立文化財研究所

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android