コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平城宮址 へいじょうきゅうし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平城宮址
へいじょうきゅうし

奈良市佐紀町にある奈良時代の宮城の跡。へいぜいきゅうしともいう。幕末からその基礎的研究が始まるが,本格的調査が行なわれるようになったのは第2次世界大戦後で,特に 1954年からの奈良国立文化財研究所 (→奈良文化財研究所 ) の平城京全域を対象とする発掘調査は多大の成果を上げている。宮の中心は正殿である大極殿で,その北に天皇の居所としての内裏,南には十二堂と朝集殿が続く。宮域は土塀で画され,南面中央に朱雀門を配し,東,西,北の大路正面に宮門を置く。建造物は,基壇,礎石をもつ瓦ぶきの大陸風建築であったが,内裏内の建物は掘立柱檜皮ぶきの日本的建築と考えられる。内裏,八省院は2ヵ所に確認され,朱雀門正面にあるもの (第1次) が遷都当初のもので,それより東にあるもの (第2次) は天平 17 (745) 年以後のものと考えられている。宮域が東に拡大された部分には東院があり,緑釉瓦緑釉 塼を用いた玉殿,庭園などが確認された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

平城宮址【へいじょうきゅうし】

平城京の北端中央にあった宮城の跡(特別史跡)で,奈良市佐紀町にある。1899年関野貞による文献,地形の調査で概略が示され,1923年―1924年,1928年の小規模な発掘ののち,1954年以降おもに奈良国立文化財研究所により本格的発掘調査が行われている。
→関連項目国立文化財研究所古都奈良の文化財世界遺産条約

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

平城宮址の関連キーワード太田博太郎神道考古学日本庭園藤田亮策大嘗宮文房具糸操り古文書過所食事折敷角島

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android