コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国立極地研究所 コクリツキョクチケンキュウジョ

3件 の用語解説(国立極地研究所の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こくりつ‐きょくちけんきゅうじょ〔‐キヨクチケンキウジヨ〕【国立極地研究所】

南極北極に関する観測・科学研究を総合的に行う日本の国立研究所。昭和48年(1973)創設。平成16年(2004)、大学共同利用機関法人情報・システム研究機構の発足に伴い、同機構を構成する4研究所の一つとなる。大学等の研究者と共同し、地球科学環境科学・太陽地球系科学・宇宙惑星科学・生物科学などを含む学際的な研究を推進する。極地研。NIPR(National Institute of Polar Research)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

国立極地研究所【こくりつきょくちけんきゅうじょ】

大学共同利用機関法人情報・システム研究機構に所属する四つの研究機関の一つ。目的は極地に関する科学の総合研究や極地観測。南極観測事業の中核的実施機関としての役割もある。
→関連項目総合研究大学院大学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国立極地研究所
こくりつきょくちけんきゅうじょ

極地に関する科学の総合的研究を行い、かつ極地観測を実施するための中核機関として、1973年(昭和48)9月29日に設立された研究所。大学共同利用機関の一つであるが、2004年(平成16)4月から国立大学などの独立行政法人化の一環として、大学共同利用機関法人の「情報・システム研究機構」を構成する4研究所の一つとなった。日本は国際地球観測年(1957~58)における南極の国際共同観測に参加し、1956年11月に第一次南極地域観測隊が東京港を出航して以来、62年2月から65年12月までの昭和基地の閉鎖期間を除き、観測と研究を積み重ねてきている。1961年日本学術会議は極地研究の中核となる研究所の設立を政府に勧告し、まず62年国立科学博物館に極地学課が置かれた。これが極地研究部からさらに極地研究センターへと拡充され、これを母体として国立極地研究所が生まれた。
 2004年の法人化に伴い、教員(研究者)の組織では従来の部門制が廃され、教員はすべて研究教育系の宙空圏、気水圏、地圏、生物圏、極域工学の5研究グループに分属するとともに、極域情報系の極域研究資源、極域情報基盤、南極隕石(いんせき)の各センター、および極域観測系の南極観測、北極観測の両センターにも所属して、研究・大学院教育・観測に取り組むこととなった。2006年には研究組織の変更が行われ、極域情報系は極域データセンターと極域科学資源センターに再編され、極域観測系の南極観測センターは南極観測推進センターになった。また、新たに国際的な事項を専門的に扱う国際企画室が設置された。所在地東京都板橋区加賀1-9-10。[吉田栄夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国立極地研究所の関連キーワード科学技術会議科学技術庁気象研究所国立遺伝学研究所国立スポーツ科学センター総合的SCAR国立国文学研究資料館南極観測基地南極観測隊

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国立極地研究所の関連情報