コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国行(1) くにゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

国行(1) くにゆき

?-? 鎌倉時代の刀工。
山城(京都府)来(らい)派の事実上の祖とされる。来は高麗(こうらい)(朝鮮),あるいは異国からの渡来を意味するといわれる。身幅がひろく豪壮な姿の太刀をつくり,国宝1口(ふり),重要文化財14口が現存。子に国俊,弟子に国光,国次らがいる。正元(しょうげん)(1259-60)ごろの人か。通称は来太郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

国行(1)の関連キーワード鎌倉時代刀工

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android