コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際地理オリンピック(読み)こくさいちりおりんぴっく(英語表記)International Geography Olympiad

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国際地理オリンピック
こくさいちりおりんぴっく
International Geography Olympiad

地理学に関する問題を、地図や景観写真、統計などの資料をもとに、読解力や分析力を駆使して解く能力を競う国際大会。国際科学オリンピックの一つである。略称iGeo。開催年の6月末時点で19歳以下の、高等教育機関(大学など)で教育を受けていない者が対象。大会の発祥は1965年にエストニアの大学生が企画した環バルト海地理競技会である。その後、1994年にプラハ(チェコ)で開かれた国際地理学連合(IGU:International Geographical Union)の総会において、国際地理オリンピックの実施が提案、承認され、1996年に第1回大会がオランダのハーグで開かれた。以降、2012年までは原則2年に1度開かれており、日本で初めて開かれた2013年第10回京都大会からは、毎年1回開催されている。この大会には32の国と地域から126人の選手が集まった。
 大会は参加国から原則として4人が参加し、開会式や表彰式を除き、4日間連続で、記述、マルチメディア、フィールドワークの3種目の試験が実施される。なかでもフィールドワークはこの大会に特徴的なものであり、代表選手は定められたコースを歩きながら、途中のチェックポイントで地形断面図や土地利用図などを作成。その後、机上で地図や統計資料などをもとにしながら、観察した土地のもつ特色や課題とその対応策を考察するという地理学独特の試験である。
 国際大会へは、代表選考を兼ねた科学地理オリンピック日本選手権に出場し、国際大会の出題内容を想定した2段階の選抜試験で優秀な成績を収め、日本代表としての強化合宿を経た4名が派遣される。この大会は国際地理オリンピック日本委員会が主催する。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android