コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際大学 こくさいだいがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際大学
こくさいだいがく

私立の大学院大学。国内外から多彩な経験をもつ人材を受け入れて,高度に専門的かつ学際的な学識を備え,それを国際舞台で実践活用できる人材の育成を目的として,1982年に国際関係学研究科をもって発足。大学卒業後,実務に携わっている社会人の教育を重視する。 1988年に国際経営学研究科を増設所在地新潟県南魚沼市

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こくさい‐だいがく【国際大学】

新潟県南魚沼(みなみうおぬま)市にある私立大学院大学。昭和57年(1982)の開設。日本の大学院大学のなかでは最も歴史が古い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国際大学
こくさいだいがく

私立。1982年(昭和57)、国際社会に対応できる国際人の養成を目的として、経済界の支援により設置された。日本で初めての大学院から発足した全寮制の大学。中山素平(そへい)理事長、大来佐武郎(おおきたさぶろう)学長のもとで、修士課程の国際関係学研究科を開講した。国際関係学と地域研究の学際的統合を目ざし、英語による授業を中心として外国人教師や学生を活発に受け入れるなど、国際性を重視している。1988年に国際経営学研究科が設置された。初年度(1983)の入学者数は56名で、うち外国人は15名、企業派遣学生は33名、専任教師は24名(うち外国人は4名)であった。二つの研究科でそれぞれ75名、2学年あわせて300名が定員。学生の出身国は、日本を除くと、アジア地域を中心におよそ50か国にわたる。民間による新構想実験大学の一つとして注目された。修了後の進路はおもに金融、コンサルティング、政府関係機関、国際機関等である。所在地は新潟県南魚沼市国際町777。[喜多村和之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

国際大学の関連キーワードハンス ファン・ヒンケルニランジャン バネルジーゴンボツェレン・タミル城西国際大学水田美術館プロ野球OBと大学野球大阪国際大和田高等学校ブルース ストロナク大阪国際滝井高等学校大阪国際女子大学ユニバーシアード白くま黒豚電車普天間基地問題辺野古移設問題日本橋学館大学鬼ごっこ協会埼玉県加須市宜野湾[市]玉野井 芳郎井上 準之助大来 佐武郎

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国際大学の関連情報