コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際大学 こくさいだいがく

3件 の用語解説(国際大学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際大学
こくさいだいがく

私立の大学院大学。国内外から多彩な経験をもつ人材を受け入れて,高度に専門的かつ学際的な学識を備え,それを国際舞台で実践活用できる人材の育成を目的として,1982年に国際関係学研究科をもって発足。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こくさい‐だいがく【国際大学】

新潟県南魚沼(みなみうおぬま)市にある私立大学院大学。昭和57年(1982)の開設。日本の大学院大学のなかでは最も歴史が古い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国際大学
こくさいだいがく

私立。1982年(昭和57)、国際社会に対応できる国際人の養成を目的として、経済界の支援により設置された。日本で初めての大学院から発足した全寮制の大学。中山素平(そへい)理事長、大来佐武郎(おおきたさぶろう)学長のもとで、修士課程の国際関係学研究科を開講した。国際関係学と地域研究の学際的統合を目ざし、英語による授業を中心として外国人教師や学生を活発に受け入れるなど、国際性を重視している。1988年に国際経営学研究科が設置された。初年度(1983)の入学者数は56名で、うち外国人は15名、企業派遣学生は33名、専任教師は24名(うち外国人は4名)であった。二つの研究科でそれぞれ75名、2学年あわせて300名が定員。学生の出身国は、日本を除くと、アジア地域を中心におよそ50か国にわたる。民間による新構想実験大学の一つとして注目された。修了後の進路はおもに金融、コンサルティング、政府関係機関、国際機関等である。所在地は新潟県南魚沼市国際町777。[喜多村和之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国際大学の関連キーワード大学院大学SBI大学院大学大原大学院大学追手門学院大学関東学院大学金城学院大学工学院大学聖学院大学東北学院大学広島女学院大学

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国際大学の関連情報