コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中山素平 なかやまそへい

3件 の用語解説(中山素平の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中山素平
なかやまそへい

[生]1906.3.5. 東京
[没]2005.11.19. 東京
経営者。第2次世界大戦後の復興期から高度成長期を代表する銀行家。1929年,東京商科大学を卒業し,日本興業銀行に入社。第2次世界大戦後,連合国総司令部 GHQと粘り強く交渉し,日本興業銀行の存続を勝ち取った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中山素平 なかやま-そへい

1906-2005 昭和後期-平成時代の経営者。
明治39年3月5日生まれ。昭和4年日本興業銀行にはいり,22年理事。興銀無用論のGHQと交渉して存続をみとめさせる。26年日本開発銀行理事。29年興銀に復帰し,36年頭取,43年会長。海運業界再編成,山一証券への特別融資,八幡・富士両製鉄合併などを推進。「財界の鞍馬天狗」といわれた。経済同友会代表幹事。平成17年11月19日死去。99歳。東京出身。東京商大(現一橋大)卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中山素平
なかやまそへい
(1906―2005)

経済人、銀行家。日本の第二次世界大戦後の復興期から高度経済成長期の経済界をリードした財界人。日本興業銀行(現みずほフィナンシャルグループ)の頭取、会長などを歴任し、旧山一証券の救済、新日本製鉄の誕生など日本の経済・産業界の再編、競争力強化に尽力した。日本経済に大きな影響を及ぼす節目ごとに登場して活躍する姿から、「財界の鞍馬天狗(くらまてんぐ)」(評論家草柳大蔵(だいぞう)の命名)と称された。
 1906年(明治39)東京生まれ。29年(昭和4)、東京商科大学(現一橋大学)本科を卒業。学生時代に昭和金融恐慌を目の当たりにし、卒業と同時に特殊銀行だった日本興業銀行(興銀)に入行した。敗戦で、占領軍が興銀を「戦犯銀行」として普通銀行化するよう強く迫るなか、連合国最高司令官総司令部(GHQ)と粘り強く折衝し、債券を発行し産業資金を提供する長期信用銀行として存続する道を開いた。47年には41歳の若さで興銀理事に就任。その後、戦後復興のため新たに特殊法人日本開発銀行(開銀、現日本政策投資銀行)が設立されることになると、同行に出向して開銀の立上げに尽力し、産業界の復興・振興を資金面から支えた。
 1954年には副頭取として興銀に戻り、61年に同行頭取、68年に会長に就いた。資源小国、日本の将来を見据え、1958年には原油の自主開発会社、アラビア石油への銀行団融資を取りまとめた。昭和40年不況で山一証券が経営危機に陥ると、いち早く日銀特融を提唱。蔵相田中角栄の特融決断を引き出した。62年の東邦海運と日鉄汽船の合併(新和海運設立)、66年の日産自動車とプリンス自動車工業の合併、70年の八幡(やはた)製鉄と富士製鉄の合併(新日本製鉄設立)などに深く関与し、日本の産業の国際競争力向上に大きく貢献した。同時に、興銀を産業金融の雄に育て上げ、「興銀の中興の祖」といわれる。財界活動としては、1957年から58年に経済同友会代表幹事を務め、後に終身幹事となった。
 1970年に興銀相談役に退いた後も、財界の顔として多方面で活躍。教育問題には造詣(ぞうけい)が深く、臨時教育審議会の委員(会長代理)を務めた。また83年に新潟県に開校した国際大学の初代理事長を95年(平成7)まで務め、晩年まで実業人の育成に尽力した。飾らない人柄から「そっぺいさん」として愛され、生涯、叙勲や日本経済新聞の「私の履歴書」執筆を断り続けた。[矢野 武]
『羽間乙彦著『中山素平――日本の羅針盤』(1975・月刊ペン社) ▽城山三郎著『運を天に任すなんて――人間・中山素平』(新潮文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中山素平の関連キーワード荒川幾男柏原正樹辻隆辻広縄田一男福田甲子雄山口正義山下和夫河野道代山田宗徧(3)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中山素平の関連情報