土器製塩(読み)どきせいえん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土器製塩
どきせいえん

専用の土器を用いて専業的に塩を生産する原始・古代の製塩法の一種。海水から食塩を手工業的に製するためには、鹹度(かんど)(塩分濃度)を高める採鹹(さいかん)(濃縮)作業と、水分を蒸発させる煎熬(せんごう)(塩焼き)との二つの作業工程を必要とし、さらに純度の高い精製塩を得るため再煎熬が加えられることがあった。煎熬用に鉄釜(てつがま)などが普及する以前には、そのために特製された、粗製だが内面を平滑にした器壁の薄い土器(製塩土器)が大量に用いられた。関東・東北地方の太平洋岸の一部では縄文時代後・晩期のものがあるが、本格的な土器製塩は弥生(やよい)時代中期に瀬戸内海の児島(こじま)付近で開始され、古墳時代中期以後、全国各地の海岸地帯に普及し、平安時代まで存続する。もっとも盛行したのは古墳時代後期(6~7世紀)である。その中心地であった備讃瀬戸(びさんせと)地方の製塩土器は、かつては師楽式(しらくしき)土器とよばれた。海岸から離れた内陸、ことに奈良・京都など古代の都城跡とその周辺からも製塩土器がしばしば発見されるのは、焼き塩された精製塩を生産地から運ぶ運搬容器として使用されたことを示しており、奈良時代(8世紀)前後のものがとくに多い。土器製塩の研究は原始・古代における社会的分業や生産力の発展を解明するうえで重要である。[石部正志]
『石部正志著『製塩遺跡』(『地方史マニュアル5』所収・1977・柏書房) ▽石部正志著『原始・古代の土器製塩』(『講座・日本技術の社会史 第2巻 塩業・漁業』所収・1985・日本評論社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の土器製塩の言及

【塩】より

…日本には,岩塩,地下鹹水などの資源がまったく存在しないため,日本の塩業の歴史は製塩には恵まれない自然条件を克服して,海水から塩を採取する歴史でもあった。上古の時代は,土器製塩あるいは海藻類を利用した藻塩焼(もしおやき),海浜の砂に付着した塩分の浸出などの原始的な方法によっていたが,9世紀ころからしだいに塩浜(しおはま)の形態が整い,入浜式(いりはましき),揚浜式(あげはましき)の塩浜が出現した。とくに入浜式では,17世紀初めに大規模な入浜式塩田が開発され,立地条件の恵まれた瀬戸内海沿岸を中心に発達し,いわゆる〈十州塩田〉を形成した。…

※「土器製塩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

土器製塩の関連情報