コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土地家屋調査士 とちかおくちょうさし

7件 の用語解説(土地家屋調査士の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土地家屋調査士
とちかおくちょうさし

他人の依頼を受けて,不動産表示に関する登記につき必要な土地家屋に関する調査,測量,申請手続,審査請求の手続をすることを業とする者。土地家屋調査士の制度は,土地家屋調査士法 (昭和 25年法律 228号) に定められ,不動産に関する契約,相続およびそれらに伴う税の計算の基礎となる登記簿における不動産の表示の正確さを確保することを目的とするものである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とちかおく‐ちょうさし〔トチカヲクテウサシ〕【土地家屋調査士】

他人の依頼を受けて、不動産の表示に関する登記について必要な土地または建物に関する調査・測量・申請手続きをすることを業とする者。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

土地家屋調査士【とちかおくちょうさし】

他人の依頼を受けて,不動産の表示に関する登記につき必要な土地または家屋に関する調査・測量・申請手続をすることを業とする者。土地家屋調査士法(1950年)に基づき,土地家屋調査士試験に合格し,法務局の名簿に登録し,土地家屋調査士会に入会しなければならない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

かんたん不動産用語解説の解説

土地家屋調査士

所有者にかわって、不動産の表示に関する登記に必要な土地または家屋に関する調査・測量または法務局に対する登記申請書の作成を代行してくれる専門家。土地家屋調査士は、法務大臣が実施する試験に合格してその資格を有する者であるが、管轄法務局又は地方法務局の土地家屋調査士名簿に登録し、かつ事務所を管轄する土地家屋調査士会に入会しなければその業務を行うことができないとされる。

出典|(株)ネクストコーポレーション
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

とちかおくちょうさし【土地家屋調査士】

他人の依頼を受けて,不動産の表示に関する登記につき必要な土地または家屋に関する調査,測量,申請手続または審査請求の手続をすることを業とする者。不動産の表示手続の円滑な実施に資することを目的として土地家屋調査士法(1950公布)により設けられた。調査士になる資格を有するのは,法務局または地方法務局において不動産の表示に関する登記事務に10年以上従事して,法務大臣に調査士の業務を行うのに必要な知識および技能を有すると認められた者のほか,土地家屋調査士試験の合格者である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

とちかおくちょうさし【土地家屋調査士】

土地家屋調査士法に基づき、他人の依頼を受けて、不動産の表示にかかわる登記に必要な土地・家屋にかかわる調査・測量・申請手続きをする者。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土地家屋調査士
とちかおくちょうさし

他人の依頼を受けて、不動産の表示に関する登記について必要な土地や家屋に関する調査・測量・申請手続をすることを業とする者。土地家屋調査士法(昭和25年法律228号)によって設けられた。土地家屋調査士となる資格を有する者は、〔1〕法務大臣が毎年1回以上行う土地家屋調査士試験に合格した者、〔2〕法務局または地方法務局において不動産の表示に関する登記の事務に従事した期間が通算して10年以上になる者で、法務大臣が調査士の業務を行うのに必要な知識および技能を有すると認めた者である。調査士となる資格を有する者が調査士となるには、日本土地家屋調査士連合会に備える土地家屋調査士名簿に登録を受けなければならない。司法書士とは区別される。[宮田三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

土地家屋調査士の関連キーワード住居表示に関する法律不動産登記不動産登記法使者探偵業務取引態様物件明細書不動産の証券化表示に関する登記不動産の鑑定評価に関する法律

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

土地家屋調査士の関連情報