地域史(読み)ちいきし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地方史とほぼ同義語であるが,1960年代以降に盛んに使われる用語。中央集中型の高度成長が進むと,経済的な豊かさの反面で自然環境と文化遺産の破壊,公害問題の深刻化,地域住民の間に連帯感希薄化,などの事態が顕在化した。これに対して地域主義的な解決が提唱され,地域として独自的な行動を模索する中で,身近な生活に密着した歴史の解明と地域史の必要性が強調されてきた。地域とは,村とか県とかという特定の地理的空間を固定的に示すものではなく,風俗・習慣,言語,経済活動などによって変化するものであるが,地域史は地域社会の生活史という意味合いを強めている。日本史を一般史・中央史とすれば,両者は対立する側面を持ちながら,地域は他の地域や中央とかかわりながら存在するという性格から,両者の関係の解明が重要な課題となっている。また,文献がないか少ない地域の歴史についても,考古学・民俗学・人類学・地理学などの手法を活用した考察が必要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地域史の関連情報