コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地気 チキ

デジタル大辞泉の解説

ち‐き【地気】

《「ぢき」とも》
大地の精気。動植物の成育を助ける地の生気。
地から立ちのぼる気。水蒸気。
土壌中の空気。炭酸に富み、酸素が少ない。
その土地の気。気候。
「―清潔にして、人に疾病少きを以て」〈輿地誌略・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちき【地気】

動植物をはぐくむ大地の精気。
地から立ち上る気。水蒸気。
土壌中の空気。
風土。気候。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の地気の言及

【気】より

…たとえば雲は,山や川から立ちのぼる気と考えられていたし(《説文》),雷は陰気の中に閉じこめられた陽気が無理に出ようとするときに発生するという(《朱子語類》巻九十九)。大地の中にも土や岩の空隙を縫って〈地気〉が走っている。そのコースを〈地脈〉という。…

※「地気」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

地気の関連キーワードゼムリャ・フランツァ・イオシファサウス・ジョージア[島]アルゼンチン気仙沼[市]阿久根(市)産業気象学山形(県)長野(県)航空気象森林気候局地気候農業気象高山気候鉄道事故山口盆地御殿場市日田盆地中部地方植物季節大口盆地

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android