地気(読み)チキ

デジタル大辞泉の解説

ち‐き【地気】

《「ぢき」とも》
大地の精気。動植物の成育を助ける地の生気。
地から立ちのぼる気。水蒸気。
土壌中の空気。炭酸に富み、酸素が少ない。
その土地の気。気候。
「―清潔にして、人に疾病少きを以て」〈輿地誌略・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちき【地気】

動植物をはぐくむ大地の精気。
地から立ち上る気。水蒸気。
土壌中の空気。
風土。気候。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じ‐き ヂ‥【地気】

〘名〙 ⇒ちき(地気)

ち‐き【地気】

〘名〙 (「ぢき」とも)
大地精気動植物の生育を助ける地の生気。
仮名草子・かなめいし(1663)中「おなし所ながらつよくゆるとよわきとは地気(ヂキ)のわざなれば、さしてあやしむにたらず」
※文明開化(1873‐74)〈加藤祐一〉初「樹木が根の地気(ヂキ)を吸ふ潤ひで枝葉の繁る様に」
② 地面から立ちのぼる気。水蒸気
※宝覚真空禅師録(1346)乾・境致・題渺温湯「地気薫蒸烟焼余、無窮泉脈甚焚如」
※読本・英草紙(1749)一「あれこそ山峰に雲を出だすがごとくにて、地気(チキ)のなす所」 〔礼記‐月令〕
③ その土地の気。気候。風土
※十善法語(1775)八「天気ただしくして地気応ず」 〔周礼‐考工記〕
④ 土壌中の空気。炭酸に富み酸素が少ない。
⑤ 接地。アース。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の地気の言及

【気】より

…たとえば雲は,山や川から立ちのぼる気と考えられていたし(《説文》),雷は陰気の中に閉じこめられた陽気が無理に出ようとするときに発生するという(《朱子語類》巻九十九)。大地の中にも土や岩の空隙を縫って〈地気〉が走っている。そのコースを〈地脈〉という。…

※「地気」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android