コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地磁気異常 ちじきいじょうmagnetic anomaly

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地磁気異常
ちじきいじょう
magnetic anomaly

地磁気の地表における分布の大略は地球中心におかれた磁気双極子のつくる双極子磁場によって表わされる。しかし地磁気の分布をもっと詳しく調べてみると,双極子磁場以外に不規則な磁場が重なっていることがわかる。このような不規則な磁場を地磁気異常という。地下の岩石が磁性の強い岩石でできている場合,その周辺には地磁気異常が現れる。また中央海嶺周辺にみられる縞状の地磁気異常は海底玄武岩が,地磁気の逆転に応じて正逆の帯磁をしているために生じるものである。磁気異常は,地球内部の地球物理学的な検討や,地質学と結びつけて地下資源の探査や地殻の運動などの解明に利用されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地磁気異常
ちじきいじょう
magnetic anomaly

地磁気の実測値と地球全体の磁場を表現するモデルによる予測値との差をいう。地球の磁場は、大勢としては双極子磁場と14次程度までの非双極子磁場を加え合わせたモデルでよく表現される。しかし、このモデルに含まれる磁場はもっとも短いものでも波長が約3000キロメートルもあり、それより短い波長の変化は含まれていない。たとえば火山はその山体(大きさが直径100キロメートル以下)の磁化によって周囲に磁場をつくるが、この磁場の波長は100キロメートル以下であるため全球のモデルでは表現されていない。実測で得られた磁場強度から、地球磁場のモデルによって推定された値を引いたものを地磁気異常または磁気異常という。磁気異常の分布を解析すると、その異常の原因となっている岩体の形状、深度、磁化強度などを求めることができる。海上ではしばしば縞(しま)状の磁気異常が観測されるが、これは、海底地殻が海嶺(かいれい)で生まれたときの地球磁場の正逆の磁性に対応しているためであり、バインFrederick J. Vine(1939―1988)とマシューズDrummond H. Matthews(1931―1997)によって明らかにされた。これにより地磁気異常を用いて海底地殻の年齢を推定する方法が確立し、プレートテクトニクスの成立につながった。[河野 長]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

地磁気異常の関連キーワードプレートテクトニクス地球磁場の逆転古地磁気年代中央海盆断層物理探査古地磁気大陸

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android