コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地鳥・地鶏 じとり

大辞林 第三版の解説

じとり【地鳥・地鶏】

〔「じどり」とも〕
日本各地で古くから飼われているニワトリ。飼育されていた地名をとって、岐阜地鶏(郡上地鶏)、土佐地鶏(土佐小地鶏)、伊勢地鶏などと呼ばれる。天然記念物。
その土地でとれた鳥。 《地鳥》 「 -の鴨・いりこ・串貝/浮世草子・胸算用 3

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android