コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂本義和 さかもと よしかず

3件 の用語解説(坂本義和の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂本義和 さかもと-よしかず

1927-2014 昭和後期-平成時代の国際政治学者。
昭和2年9月16日ロサンゼルス生まれ。昭和39年東大教授。41年「日本外交への提言」で第1回吉野作造賞。51年「平和―その現実と認識」で毎日出版文化賞。63年明治学院大教授。国際平和への道すじを論理的に追求し,国際社会の非武装化による世界新秩序理論を提唱。核兵器否定,革新的ナショナリズムによる日本の中立を説いた。平成26年10月2日死去。87歳。東大卒。著作はほかに「軍縮の政治学」「地球時代の国際政治」など。平成16-17年「坂本義和集」(全6巻)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

デジタル大辞泉の解説

さかもと‐よしかず【坂本義和】

[1927~2014]政治学者。米国ロサンゼルスの生まれ。東大教授。昭和34年(1959)雑誌「世界」掲載の論文「中立日本の防衛構想」で注目される。一貫して平和主義の立場をとり、国際社会の非軍事化と核廃絶を主張した。著「平和―その現実と認識」「軍縮の政治学」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

坂本義和【さかもとよしかず】

国際政治学者。米国ロサンゼルスに生まれ,幼年期を上海で過ごす。1945年東京高等師範学校附属中学校(現筑波大学附属中学校・高等学校)を卒業。旧制第一高等学校を経て,1948年東京大学法学部に進み丸山真男に師事する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

坂本義和の関連キーワード宇野重昭神谷不二川田侃木戸蓊木村汎斉藤孝高橋進(3)武者小路公秀百瀬宏山川暁夫

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

坂本義和の関連情報