コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山帰り やまがえり

世界大百科事典 第2版の解説

やまがえり【山帰り】

歌舞伎舞踊の曲名。清元。本名題《山帰強桔梗(やまがえりまけぬききよう)》。1823年(文政6)8月江戸森田座初演。五変化所作事《法花姿色同(のりのはなすがたのいろいろ)》の一曲。演者は3世坂東三津五郎。作詞2世桜田治助。作曲初世清元斎兵衛。振付藤間大助。相模の雨降(あふり)山大山(おおやま)石尊大権現(阿夫利神社)へ参詣(さんけい)した江戸の勇みの男の帰途を描いたもので,木太刀梵天(ぼんてん),わら細工らっぱ等の小道具を使う。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山帰り
やまがえり

歌舞伎(かぶき)舞踊。清元(きよもと)。本名題(ほんなだい)『山帰強桔梗(やまがえりまけぬききょう)』。1823年(文政6)8月、江戸・森田座で3世坂東(ばんどう)三津五郎が初演した五変化(へんげ)舞踊『法花姿色同(のりのはなすがたのいろいろ)』の一節で、作詞2世桜田治助(じすけ)、作曲初世清元斎兵衛(さいべえ)、振付け藤間大助(だいすけ)(2世勘十郎)。相模(さがみ)大山(おおやま)の石尊(しゃくそん)様へ参詣(さんけい)した江戸の勇み(仕事師)の帰りの道中姿を描いたもの。昔の女のことを思い出しながら、納めの木太刀(だち)やらっぱのついた十文字の梵天(ぼんてん)を使っての踊りが眼目。初演の振が坂東流に伝わっている。[松井俊諭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

山帰りの関連キーワード藤間 藤子歌舞伎舞踊坂東流