コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

均時差 きんじさequation of time

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

均時差
きんじさ
equation of time

天球上を一様な速さで動くと考えた平均太陽と,実際の太陽との歩みの。これは真太陽 (視太陽) と平均太陽との赤経の差で,1年を周期として変化するがその差が 17分以上になることはない。この原因は,1つは,地球が楕円軌道を描いて太陽を回るので季節によって速度が異なるため,もう1つは,地球赤道が軌道と 23°27′傾いているので,1日のうちの太陽の運動が東西から少しずれるためである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

均時差【きんじさ】

真太陽時から平均太陽時を引いた差。つまり真太陽と平均太陽の赤経の差。大体1年を周期として変化し,2月11日ごろ極小(約−14分),5月15日ごろ極大(約4分),7月27日ごろ極小(約−6分),11月4日ごろ極大(約16分)となり,その間4月16日,6月15日,9月2日,12月24日ごろ0となる。
→関連項目時差

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きんじさ【均時差 equation of time】

太陽時(視太陽時)の時刻から平均太陽時の時刻を差し引いたものを均時差という。単に時差,あるいは時差率ともいう。つまり平均太陽時にこの均時差を加えれば真太陽時が得られる。地球は太陽を一焦点とする楕円軌道を描いて太陽のまわりを公転している。逆に地球の側から見れば,(1)太陽は地球を一焦点とする同じ楕円軌道で地球のまわりを公転する。この軌道を天球上に投影したものが黄道である。楕円軌道のため黄道上の太陽の日々の進み(速度)は一様ではない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きんじさ【均時差】

視太陽時より平均太陽時を減じた差。すなわち、視太陽の時角から、平均太陽の時角を減じたもの。毎年2月13日頃最小でマイナス14分ほどに達し、毎年11月3日頃最大でプラス16分ほどに達する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

均時差
きんじさ

視太陽時と平均太陽時の時刻差。いいかえると、視太陽の赤経と平均太陽の赤経の差であり、時差とも時差率ともいう。均時差が初めて導入されたときは、日時計などによって得られる視太陽時から平均太陽時を得るために視太陽時に補正する量として定義されたが、現在では天文観測によって得られる恒星時から換算して平均太陽時が得られるので、1925年以来、平均太陽時に補正して視太陽時を得るための補正量と定義されている。したがって、1925年前と後ではその正負の符号を異にする。
 均時差は二つの部分から成り立っている。一つは視太陽が赤道に傾斜する黄道上にあることからおこる「赤道引直し」といわれる部分と、他の一つは太陽が楕円(だえん)軌道を運行することから生ずる中心差とよばれる部分から成り立つ。均時差がゼロとなるとき、いいかえれば平均太陽と真太陽の示す時刻が一致するときは、およそ4月17日ころ、6月16日ころ、9月2日ころ、12月25日ころの4回である。この中間では均時差が最大および最小になるときがある。2月13日ころに負14.4分、5月15日ころに正3.8分、7月27日ころに負6.4分、11月6日ころに正16.4分に達する。ここに正ということは、時計が地方時で正午を示したときに、太陽はすでにその地の子午線をそれだけ早く通過して西にあることであり、負ということは、正午にまだ太陽は東にあって南中していないことである。[渡辺敏夫]
『渡辺敏夫著『数理天文学』(1977・恒星社厚生閣)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の均時差の言及

【太陽】より

…2月中旬には平均より14分遅く,11月上旬には16分も早くなる。これが均時差である。このため,例えば日の出のもっとも遅いのは1月上旬,日の入りのもっとも早い時期は12月上旬であり,ともに冬至の日には一致しないというような一見矛盾したことが起こる。…

※「均時差」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

均時差の関連キーワード時(とき)懐中時計中心差

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android