コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坪井九馬三 ツボイクメゾウ

5件 の用語解説(坪井九馬三の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つぼい‐くめぞう〔つぼゐクメザウ〕【坪井九馬三】

[1858~1936]歴史学者。大坂の生まれ。東大教授。科学的、実証的な歴史学研究法を導入した。著「史学研究法」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

坪井九馬三【つぼいくめぞう】

歴史学者。摂津(せっつ)国西成郡生れ。東大卒。ベルリン大学等で研究,東大教授となりドイツ史学を紹介,科学的研究法樹立に努力。日本の近代的歴史学の開拓者。主著《史学研究法》《最近政治外交史》。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坪井九馬三 つぼい-くめぞう

1859*-1936 明治-昭和時代前期の歴史学者。
安政5年12月12日生まれ。明治20年からドイツ,オーストリア,スイスに留学し,歴史学をまなぶ。史料の考証を重視する実証史学を確立した。東京帝大文科大学教授,同大学長。学士院会員。昭和11年1月21日死去。79歳。摂津西成郡(大阪府)出身。東京大学卒。著作に「史学研究法」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

つぼいくめぞう【坪井九馬三】

1858~1936) 歴史学者。大坂生まれ。東大教授。歴史学にドイツ流の実証的研究法を導入した。著「史学研究法」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

坪井九馬三
つぼいくめぞう
(1858―1936)

明治・大正の歴史学者。大坂生まれ。幼名久米吉。大阪開成学校東京外国語学校に学び、のち東京帝国大学文学部および理学部を卒業、東京帝国大学御用掛となる。1897年(明治30)から約4年間ヨーロッパに留学、西洋史学を研究、とくにドイツ風の史学理論を学ぶ。帰国後、文学博士、東京帝国大学教授となり、西洋史学を講ず。1904年(明治37)総長、06年帝国学士院会員、23年名誉教授となる。主著『史学研究法』(1903)は、歴史学の教訓的応用を排して、科学としての独立確保を基本思想とし、史料価値・補助学科など歴史の科学的研究の方法を論じたもの。日本の史学史上、近代歴史学の方法的基礎を確立したものとして高く評価される。[永原慶二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

坪井九馬三の関連キーワード二条基弘阿蘇惟孝井伊直方木下俊哲佐村益雄立野徳治郎頼母木駒子原口徠原恒太郎南鷹次郎

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone