コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坪井九馬三 ツボイクメゾウ

デジタル大辞泉の解説

つぼい‐くめぞう〔つぼゐクメザウ〕【坪井九馬三】

[1859~1936]歴史学者。大坂の生まれ。東京帝大教授。科学的、実証的な歴史学研究法を導入した。著「史学研究法」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

坪井九馬三【つぼいくめぞう】

歴史学者。摂津(せっつ)国西成郡生れ。東大卒。ベルリン大学等で研究,東大教授となりドイツ史学を紹介,科学的研究法樹立に努力。日本の近代的歴史学の開拓者主著《史学研究法》《最近政治外交史》。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坪井九馬三 つぼい-くめぞう

1859*-1936 明治-昭和時代前期の歴史学者。
安政5年12月12日生まれ。明治20年からドイツ,オーストリア,スイスに留学し,歴史学をまなぶ。史料考証を重視する実証史学を確立した。東京帝大文科大学教授,同大学長。学士院会員。昭和11年1月21日死去。79歳。摂津西成郡(大阪府)出身。東京大学卒。著作に「史学研究法」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つぼいくめぞう【坪井九馬三】

1858~1936) 歴史学者。大坂生まれ。東大教授。歴史学にドイツ流の実証的研究法を導入した。著「史学研究法」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

坪井九馬三
つぼいくめぞう
(1858―1936)

明治・大正の歴史学者。大坂生まれ。幼名久米吉。大阪開成学校、東京外国語学校に学び、のち東京帝国大学文学部および理学部を卒業、東京帝国大学御用掛となる。1897年(明治30)から約4年間ヨーロッパに留学、西洋史学を研究、とくにドイツ風の史学理論を学ぶ。帰国後、文学博士、東京帝国大学教授となり、西洋史学を講ず。1904年(明治37)総長、06年帝国学士院会員、23年名誉教授となる。主著『史学研究法』(1903)は、歴史学の教訓的応用を排して、科学としての独立確保を基本思想とし、史料価値・補助学科など歴史の科学的研究の方法を論じたもの。日本の史学史上、近代歴史学の方法的基礎を確立したものとして高く評価される。[永原慶二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

坪井九馬三の関連キーワード三上 義夫村川 堅固永原慶二原勝郎坪井