コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩田広重 しおだひろしげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塩田広重
しおだひろしげ

[生]1873.10.14. 京都
[没]1965.5.11. 東京
外科学者。東京大学を卒業,同大学医学部教授となる。輸血手技,腸閉塞症,盲腸結核,胃癌直腸癌など広い範囲にわたる研究で知られる。 1928年には日本医科大学学長に選ばれた。 30年浜口首相の狙撃事件に際して首相の治療を担当した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

塩田広重 しおた-ひろしげ

1873-1965 明治-昭和時代の外科学者。
明治6年10月14日生まれ。オーストリア,ドイツに留学し,大正12年母校東京帝大の教授,のち日本医大学長を兼任。昭和5年東京駅で狙撃(そげき)された浜口雄幸(おさち)首相を,当時は一般的でなかった輸血をおこなって手術。終戦時には厚生省医療局長をつとめた。29年文化功労者。昭和40年5月11日死去。91歳。京都出身。著作に「メスと鋏(はさみ)」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

塩田広重
しおたひろしげ
(1873―1965)

大正末から第二次世界大戦直後まで指導的地位にあった外科医。京都府宮津市生まれ。1899年(明治32)東京帝国大学医科大学を卒業。病理解剖学の研修を1年行ったのち外科教室に入り、スクリバや近藤次繁(つぐしげ)(1866―1944)の指導を受けた。1922年(大正11)東大第二外科の教授となる。済生学舎の講義をしたり、運営の相談にあずかっており、日本医科大学の設立にも尽くし、1928年(昭和3)には東大教授のまま日本医大学長に就任した。1934年東大退官、各種の名誉職を兼任した。第一次世界大戦には日赤救護班長としてフランスで医療救護にあたった。第二次世界大戦直後は厚生省医療局長として軍病院の転用にあたった。1930年浜口雄幸(おさち)首相が東京駅で狙撃(そげき)され重傷を負った際、当時まだ一般的でなかった輸血を行って手術に成功したことは有名である。1964年勲一等瑞宝(ずいほう)章受章。昭和40年4月11日死去した。[中川米造]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

塩田広重の関連キーワードがん研究会昭和時代久留勝

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android