コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多岐亡羊 タキボウヨウ

デジタル大辞泉の解説

たき‐ぼうよう〔‐バウヤウ〕【多岐亡羊】

枝道が多すぎて逃げた羊を見失ってしまったという「列子」説符の故事から》学問をする者が枝葉末節にとらわれると、本質を見失うこと。また、学問の道が多方面に分かれすぎると真理を求めにくくなること。方針が多すぎて、どれをとるべきかに迷うことのたとえ。亡羊の嘆

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たきぼうよう【多岐亡羊】

〔「列子説符」より。枝道が多いため逃げた羊を見失う、の意〕
学問の道が多方面になりすぎて、容易に真理を得がたいこと。また、道がたくさんあってどれを選んだらよいのか思案にあまること。岐路亡羊。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

多岐亡羊の関連キーワード岐路亡羊思案

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android