五里霧中(読み)ごりむちゅう

四字熟語を知る辞典「五里霧中」の解説

五里霧中

深いの中で方角がわからなくなってしまうこと。転じて、物事の事情がまったくわからず、すっかり迷ってどうしてよいかわからなくなってしまうこと、手さぐりで進むことのたとえ。

[活用] ―に迷う・―だ・―で。

[使用例] 彼は今日までその意味がわからずに、まだ五霧中に彷徨していた[夏目漱石明暗|1916]

[使用例] このところ、五里霧中で、すっかり、わたしの途方に暮れている、康楽寺の一代目の晩年足跡を[花田清輝*小説平家|1965~67]

[解説] 「五里霧(=五里四方の霧)」の中という意味。「五里霧」はもと道教の術で、五里四方に霧をわかせるもの。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「五里霧中」の解説

ごりむ‐ちゅう【五里霧中】

〘名〙 (形動) (「後漢書‐張楷伝」による語) 深い霧の中で方角がわからなくなってしまうこと。転じて、物事の事情がまったくわからず、すっかり迷ってどうしてよいかわからなくなってしまうこと、手さぐりで進むことのたとえ。
※俳諧・三上吟(1700)懐旧七唫後序「流注顛倒、全堕五里霧中矣」
※明暗(1916)〈夏目漱石〉一三四「彼は今日迄其意味が解らずに、まだ五里霧中(ゴリムチュウ)に彷徨してゐた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「五里霧中」の解説

五里霧中
ごりむちゅう

5里の間にわたって立ちこめる霧に巻かれたようだとの意で、前後を見極めがたく進退に窮すること、どうしてよいかわからないさまをいう。中国、後漢(ごかん)の張楷(ちょうかい)は生まれつき道術を好み、その術によってよく「五里霧」をおこすことができたと伝える、『後漢書(ごかんじょ)』「張楷伝」の故事による。

[田所義行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「五里霧中」の解説

ごりむ‐ちゅう【五里霧中】

《後漢の張楷が道術によって5里にわたる霧を起こしたという「後漢書」張楷伝の故事から》方向を失うこと。物事の判断がつかなくて、どうしていいか迷うこと。
[補説]「五里夢中」と書くのは誤り。
[類語]思い余る思案に余る思案に暮れる思案投げ首頭を抱える頭を悩ます思いあぐねる途方に暮れる多岐亡羊

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android