大倉 喜七郎(読み)オオクラ キシチロウ

20世紀日本人名事典の解説

大倉 喜七郎
オオクラ キシチロウ

大正・昭和期の実業家,楽器改良家,作曲家 ホテルオークラ創始者。



生年
明治15(1882)年6月16日

没年
昭和38(1963)年2月2日

出生地
東京

学歴〔年〕
ケンブリッジ大学卒

経歴
大倉財閥の2代目。大倉組頭取、男爵、貴族院議員となる。帝国ホテルホテルオークラ、川奈ホテル、大倉鉱業など数10社の社長、会長、重役のほか日伊協会長などを兼任。また、大倉音楽研究所を設立し、昭和8年大和楽を創始。「田植」「砧」「水郷」などを作曲。楽器の改良家としても知られ、半音を自由にだせる尺八とフルートを折衷した“オークラウロ”等を考案、開発。日本音楽文化協会顧問、大日本音楽協会会長などを務め、古典復興に尽くした。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

大倉 喜七郎 (おおくら きしちろう)

生年月日:1882年6月16日
大正時代;昭和時代の実業家;作曲家。帝国ホテル社長;大日本音楽協会会長
1963年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報