大刀洗[町](読み)たちあらい

世界大百科事典 第2版の解説

たちあらい【大刀洗[町]】

福岡県南西部,三井郡の町。人口1万4755(1995)。東は甘木市,西は小郡市に接する。筑紫平野の中部北寄りにあって,南部は沖積低地,北部は洪積台地よりなる。町名は南北朝時代筑後川の戦の際,菊池武光血刀を洗ったという伝えによる。米作を中心とする農業の町であるが,近年,米作から野菜への転換が図られており,ホウレンソウ,レタス,ハウス栽培のキュウリ,トマトなどが増えている。北部では植木,苗木の生産が多く,関西方面に出荷される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android