コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大刀洗[町] たちあらい

百科事典マイペディアの解説

大刀洗[町]【たちあらい】

福岡県中南部,三井(みい)郡の町。筑紫(つくし)平野北部に位置し,筑後川中流右岸の低地を占める。米作を主とし,植木,野菜などを産する。旧陸軍飛行場跡は開拓地となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たちあらい【大刀洗[町]】

福岡県南西部,三井郡の町。人口1万4755(1995)。東は甘木市,西は小郡市に接する。筑紫平野の中部北寄りにあって,南部は沖積低地,北部は洪積台地よりなる。町名は南北朝時代筑後川の戦の際,菊池武光血刀を洗ったという伝えによる。米作を中心とする農業の町であるが,近年,米作から野菜への転換が図られており,ホウレンソウ,レタス,ハウス栽培のキュウリ,トマトなどが増えている。北部では植木,苗木の生産が多く,関西方面に出荷される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大刀洗[町]の関連キーワードつくし筑紫

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android