大垣市景観遺産(読み)おおがきしけいかんいさん

事典 日本の地域遺産の解説

大垣市景観遺産

大垣市の近代化を支えた産業・文化等の近代遺産、後世に伝承すべき景観を有する建造物等で、所有者等の同意を得たうえで「大垣市景観遺産」として指定している。2010(平成22)年度46件、2011(平成23)年度14件、合計60件が指定されている。〔景観遺産対象〕1.歴史文化遺産(宿場町の風情を醸し出す建造物など、大垣の歴史・文化の蓄積を感じさせる建造物)、2.近代遺産(明治から昭和初期に建造された建造物で、産業都市大垣を象徴するもの)、3.現代資産(優れたデザインにより建造物としての価値が高いもの)、4.風景資産(その他、地域の良好な景観形成に貢献している建造物等)。
[選定機関] 岐阜県大垣市
[選定時期] 2010(平成22)年~
[登録・認定名] 大垣城 | 旧戸田鋭之助邸正門 附船板塀 | 八幡神社 | 円通寺山門 | 船町湊跡と奥の細道むすびの地 | 大垣城下水門川沿いの景観 | 三輪酒造酒蔵 | 山岸家住宅 | 上田家住宅 | 槌谷本店 | 林町のクスノキ | 笠縫の輪中堤防 | 春日神社 | 塩田の常夜燈 | 臼井医院 | 釜笛の水屋群 | 大橋家住宅 | 広芝池 | 曽根城公園 | 加賀野八幡神社自噴水 | ソフトピアジャパンエリア | 揖斐大橋 | 明星輪寺の境内地とそこからの眺望 | 清水家住宅 | 中山道赤坂宿脇本陣跡(榎屋) | 鹿光堂 | 増田家住宅(お嫁入り普請探訪館) | 赤坂港会館と川湊跡 | 上石津町牧田地域の常夜燈群 | 牧田川用水頭首工 | 藤古川萩原橋付近から見た伊吹山 | 多良峡 | 津島神社の社叢 | 大神神社 | 旗本東高木家土蔵 | 旗本西高木家陣屋と高雄のもみじ | 宝暦治水の松 | 湯葉神社とスギ | 唯願寺とシブナシカヤ | 冠橋付近から見た烏帽子岳 | 美濃路墨俣宿脇本陣跡 | 寺町界隈 | さくら湯跡 | 一夜城址公園とその周辺 | 米山家水屋 | 奥田家水屋 | 大垣共立銀行本社 | 金蝶園総本家 | 蛍雪橋 | イビデン株式会社大垣送電鉄塔 | 御首神社 | 一里塚 | 大島堤と桜並木 | 西之川ハリヨの池広場 | 曽根川の桜 | 円興寺 | 五井家と九里半街道 | 日本昭和音楽村江口夜詩記念館及び水嶺湖周辺 | 長良大橋 | 下野家枝垂れ桜と蔵(水屋)

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」事典 日本の地域遺産について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android