コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大太法師 だいだぼうし

8件 の用語解説(大太法師の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大太法師
だいだぼうし

巨人説話の一つ。ダイダラボウシ,ダイダラボッチ,ダイダラボッチャともいい,九州では大人 (おおひと) 弥五郎という。巨人の伝説は古く『常陸国風土記』『播磨国風土記』に大人として記されており,『日本霊異記』には敏達天皇のとき道場法師という巨人のいたことがみえている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

だいだ‐ぼうし〔‐ボフシ〕【大太法師】

伝説上の巨人。怪力をもち、富士山を一夜でつくり上げたとか、榛名(はるな)山に腰掛けて利根川で足を洗ったりしたとかいう、さまざまな伝承がある。だいだらぼうしだいだらぼっち。だいだぼっち。だいだらぼう。だいだらぼっち。

だいだ‐ぼっち【大太法師】

だいだぼうし(大太法師)」に同じ。

でえたら‐ぼっち【大太法師】

だいだぼうし

だいだら‐ぼっち【大太法師】

だいだぼうし(大太法師)」に同じ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大太法師 だいだらぼっち

伝説上の巨人。
池,沼,山などをつくったとされる怪力の持ち主。富士山を一夜でつくるなど,その伝説は東日本にひろく分布する。「だだ坊」「でいらぼー」「だいらぼう」などともよばれる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

だいだぼっち【大太法師】

だいだらぼうし 」に同じ。

だいだらぼうし【大太法師】

伝説上の巨人の名。富士山を一夜で作ったとか,榛名はるな山に腰掛けて利根川で足を洗ったとか,また,足形をした沼や窪地をこの巨人の足形だとかいう話が多い。だいだぼうし。だいだらぼっち。だいだぼっち。だいだらぼう。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大太法師の言及

【だいだらぼっち】より

…ダダ坊,デイラボー,大太法師などとも呼ばれる伝説の巨人。関東,中部地方を中心に広く分布している。…

※「大太法師」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大太法師の関連キーワード沈鐘屠竜夏伯儀狄愚公虞舜地皇有虞氏少皥膳椀淵

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone