コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大太法師 だいだぼうし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大太法師
だいだぼうし

巨人説話の一つ。ダイダラボウシ,ダイダラボッチ,ダイダラボッチャともいい,九州では大人 (おおひと) 弥五郎という。巨人伝説は古く『常陸国風土記』『播磨国風土記』に大人として記されており,『日本霊異記』には敏達天皇のとき道場法師という巨人のいたことがみえている。大太法師の足跡と伝えられるくぼみが関東,中部その他の地方にあり,東京都世田谷区代田にはその足跡という場所が2ヵ所あって,これは大太法師がひとまたぎした足跡といわれる。また大太法師が山をかついで移そうとしたという話が各地に伝えられており,藤づるで縛って運んだ際に途中でつるが切れて土が落ちたのが現在のどこどこの小山となっているという伝説が諸地方にある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

だいだ‐ぼうし〔‐ボフシ〕【大太法師】

伝説上の巨人。怪力をもち、富士山一夜でつくり上げたとか、榛名(はるな)山に腰掛けて利根川で足を洗ったりしたとかいう、さまざまな伝承がある。だいだらぼうしだいだらぼっち。だいだぼっち。だいだらぼう。だいだらぼっち。

だいだ‐ぼっち【大太法師】

だいだぼうし(大太法師)」に同じ。

でえたら‐ぼっち【大太法師】

だいだぼうし

だいだら‐ぼっち【大太法師】

だいだぼうし(大太法師)」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大太法師 だいだらぼっち

伝説上の巨人。
池,沼,山などをつくったとされる怪力の持ち主。富士山を一夜でつくるなど,その伝説は東日本にひろく分布する。「だだ坊」「でいらぼー」「だいらぼう」などともよばれる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だいだぼっち【大太法師】

だいだらぼうし 」に同じ。

だいだらぼうし【大太法師】

伝説上の巨人の名。富士山を一夜で作ったとか、榛名はるな山に腰掛けて利根川で足を洗ったとか、また、足形をした沼や窪地をこの巨人の足形だとかいう話が多い。だいだぼうし。だいだらぼっち。だいだぼっち。だいだらぼう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の大太法師の言及

【だいだらぼっち】より

…ダダ坊,デイラボー,大太法師などとも呼ばれる伝説の巨人。関東,中部地方を中心に広く分布している。…

※「大太法師」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大太法師の関連キーワード大人弥五郎巨人伝説足形榛名

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android